2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



フェルト「トレミー全ハッチオープン。皆出撃して死んで来なさい」



ティエリア「ティエリア・アーデ。出撃する!」



ティエリア「愛するロックオン。僕を導いてくれ」



ミレイナ「アーデさん。頑張ってですぅ」

ティエリア「黙れツインドリル! 僕ちんロックオンLOVE!!」



アレルヤ「アイハブ・コントロール。キュリオス、出撃します」



アレルや「行こう、ソーマ・ピーリス!」



ソーマ「……マリーと呼びたければ、それで構わないぞ」



アレルヤ「え!? マジで!?どーしたの、いきなり!?」



ソーマ「お前がマリーと呼んだ瞬間、怒鳴るのが面白かったのだ。普通にソーマと呼ばれてはつまらん」



アレルヤ「……あ、そういうこと? S魂的な満足ね↓」



アレルヤ「マリー……マリー……エヘへへへッ」

ソーマ「キモッ!!」



ライル「アニュー。俺はお前のことは忘れて、堀北真希のハートを狙い撃つ!」

刹那「アニュー→堀北真希だと? 凄い方向転換だな?」



刹那「沙慈。お前もルイスのような元ヤンな女は止めて、AKB48にでも乗り換えたら?」



沙慈「ふざけるな。殺すぞ?」



刹那「ちっ」



沙慈「舌打ち聞こえてるよ」


スポンサーサイト



刹那「入試合格発表に遅れる遅れるーっ!」



刹那「私立の小学校に受かってるといいが、俺」



フェルト「あ、刹那……ちょっといい?」



刹那「ああ……今急いでるが、構わない。何だ?」



フェルト「入学祝いの、花を貴方に、と思って」



刹那「……花? 食べると美味しいのか?」



フェルト「ゴメンね! 食べ物じゃないの!」



刹那「なんだ……食べ物じゃないのか」

フェルト「あの、目の前でガッカリしないで! ガッカリしたいのは私の方だから!」



刹那「とりあえず、ヘルメットにカポッ! メットインですw」

フェルト「あの、食べ物じゃなかったからって、適当に扱わないで! 私の心が傷つくから!」



刹那「とにかく、入学祝いありがとう。でも、まだ合格してるかどうか分からないが」



刹那「ガンダムで発表見てくる」

フェルト「あ、刹那! あの、私去年のクリスマス、1人っきりだったんだけど……」



フェルト「今年のクリスマス、一緒にどうかな? マリナさんと約束してる?」



刹那「マリナは歌が下手な、ただの保母さんだ。そういう関係じゃない」



フェルト「え、じゃあ……OK?」

刹那「構わない。俺が私立に受かっていれば、だが」



フェルト「よかった……これでヒロインの座、GETだぜ! ……かな?」




ブシドー「オーーーッ!!」



ジェレミア「オーーーッ!!」



刹那「ダブルオーーーッ!!」



ランカ「オーーーッ!!」



ブシドー「オーーーッッ!!!」



刹那「ダブルオーーーーッッ!!!」



ブシドー「つ、強いな、少年……もう、声の代わりに血しか出ない。私の負けだ」



刹那「大声対決は俺の勝ちだな」



ブシドー「こ、声出ぬこと、無念なり! キテレツぅ!」



刹那「これが宮野と中村の差だ」



ブシドー「くぬぅぅぅぅ! 中の人は人気で勝っているぞ!」



刹那「あ、いけね。フェルトの部屋に呼ばれてるんで、これで失礼」

ブシドー「軽い理由で帰るんだな!?」



ブシドー「(フェルトに嫉妬……宿命を越えて、これはもう愛だな)」



沙慈「あのブシドーって人……刹那の敵だったみたいだけど、平和に戦いが終わることもあるんだな」



刹那「沙慈、ルイス・ハゲピィの機影を補足……」

沙慈「ルイス・ハレビィ!! 2回目!!」

刹那「だっけ? すまない、俺は人の名前が覚えられない。これが変態革命。略して変革」



沙慈「ありがとう、刹那」

刹那「何が?」

沙慈「君とブシドーを見ていたら、僕とルイスも戦った後、平和になれるような気がして来た」



刹那「ねーよ、そんなオチ」




ブシドー「ここは……どこだ?」



ブシドー「温かい……私は熱海の温泉にいるのか?」



刹那「違う。お前がいるのは、草津温泉だ」

ブシドー「少年!?」



刹那「草津よいとこ、1度はおいで」

ブシドー「……それは温泉・ソングだ!」



ブシドー「何を世迷言を! 私はスサノオに乗って、ディズニーシーへ行ったはず!」

刹那「ディズニー? 世迷言を言ってるのは、お前の方だ」



刹那「お前がトランクス……」

ブシドー「トランザムね」

刹那「そう、それ」



刹那「お前がトランポリンした瞬間、ダブルオーンセンにワープしちゃったのだ」

ブシドー「トランポリンじゃなくて、トランザム! オーンセンって、温泉?」



刹那「今なら、なぜイオリアが、GNドライブの熱でお湯を沸かしたか、分かる気がする」

ブシドー「いや、分からん! 私には分からんぞ!」



刹那「イオリア・シュヘンべルグは、武力による銭湯の混浴を目指していたんだ」

ブシドー「正しくは、戦争の根絶じゃね!?」



刹那「混浴した人類は、変態になる。それが、人類の変態革命……略して変革。イオリアの真の目的」

ブシドー「イオリアは変態だったのか!?」



刹那「そう、俺は変態になる……なんて、ね」



リジェネ「温泉に入る時は、肩まで浸かってゆっくり温まってね」




クラウス「もう地上にいても意味はない。宇宙へ行こう」



シーリン「でも、今のカタロンの戦力では……」



クラウス「落ち着いて聞いてくれよ、シーリン。

もう地上には、生き残っている人類はほとんどいない。何故なら……」



クラウス「この歌を聴いたからだ」

シーリン「これは……! マリナの歌!?」



クラウス「そうだ! 彼女の殺人的に暗い歌声を聴いて、人間はまず最初に、生きる希望を失う」



クラウス「次に、何もやる気がおきなくなり、地面に寝転んでゴロゴロするだけの下等生物に成り下がるんだ」



クラウス「すぐにUVERworldの曲を聴いて、治療しなければ、3時間以内に人は死ぬ」

シーリン「……マリナの歌に、そんな効果があるなんて。つかUVERスゲっ!」



クラウス「マリナ姫を連れて、宇宙へ行こう! 戦争を彼女の歌で終わらせるんだ!」

シーリン「戦場で歌を流して、敵味方問わず、皆殺しにする作戦ね?」



クラウス「そうだ! そんなことが出来るのは、彼女しかいない!」

シーリン「私たちは、マリナの歌を聴いても、平気なの?」

クラウス「UVERworld聴いてるから大丈夫w」



マリナ「私の歌で、戦争なんかすぐに終わらせてやるわ。ウフフ……」


AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。