2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ、崩壊。


音無:神谷浩史
ゆり:櫻井浩美
天使:花澤香菜
ユイ:喜多村英梨
日向:木村良平
高松:水島大宙
野田:高木俊
椎名:斎藤楓子
遊佐:牧野由依
藤巻:増田裕生
TK:Michael Rivas
松下:徳本英一郎
大山:小林由美子
チャー:東地宏樹
岩沢:沢城みゆき
ひさ子:松浦チエ
入江:阿澄佳奈
関根:加藤英美里

OPテーマ:My Soul,Your Beats!(Lia)
EDテーマ:Brave Song(多田葵)


イメージ086


オペレーション・ハイテンション・シンドローム。

ゆりっぺの新しい「対天使用」企画。

12時間、SSSのメンバーがハイテンションでいること。

…あれは辛いでしょうね。

というか、中の人が大変ですよ!

声優さんたちの頑張りだけでもっていく話。


特に、前半Aパートは、飛ばしてましたね。

ユイ…というかキタエリハンパねえw

もう、ストーリーとかはどうでもよくて、

ただキャラのハイテンション…つか壊れ具合を楽しむ話。


まあ、一応…「浅はかなり」の椎名が、キュートさを

追求したりして、それが天使と地下栽培とリンクしてる…

そんな綺麗なオチにはなってましたけど。

園芸部と、天使。


で、怒りのゆりっぺ、SSSメンバーへ1週間の断食命令。

1週間後、みんな倒れて、ゆりだけ水飲んで元気。


そんな感じでしたね。

ギャグ回でした。

スポンサーサイト

ありがとう。

イメージ074
消えていないのは、音無、日向、奏、直井。

野田やTKは、前回が最後の出番だったんですね!

そのことに、まず驚きました。

…ってことは、前回冒頭で、音無に「最後の挨拶」場面が描かれたガルデモのひさ子辺りは、

まだ幸せだったということですね。

SSSのメンバーの掘り下げ回、描いて欲しかったですね~。

イメージ075

歌う、奏。

まあ、この「歌」が最後のオチの伏線になるわけですが…

これまで、ご陽気に人前で歌うようなキャラじゃなかったですよね?

ユイが鼻歌歌うなら、自然な感じですけど…

どうしても、「最後のオチに使うため」急遽歌わせたようにしか見えない。

この辺は、演出の責任でしょうね。

初回から「奏はいつも歌ってるよね~」的なキャラとして表現しておかないと、不自然。

もしそういう描写が、これまで何度も入っていれば、キャラ印象も変わってましたけどね。

イメージ076

「バババババババ!」

動揺して、何が言いたいのか不明なゆりw

まあ、「可愛い」とか、女の子っぽい部分を褒められた経験なんて、なかったでしょうからね。

慣れてないんでしょうけど…それにしても、これまでとキャラが違いすぎる印象。

面白い場面ではありましたけど…それは中の人の力に頼るものが大きい。

イメージ077

ああ…この展開は避けてほしかった!

「卒業式」を行うことで、この世界からも卒業するわけですか…

もうちょっと、何か捻った展開があると期待していたんですけど…

イメージ078

奏の作詞、「マーボー豆腐」連発!

いや、これは面白いw

歌詞の最後の方、マーボー連発だしw

日向にキレられて、ゆりの陰に隠れる奏が、グッジョブでしたね~


曲といえば、「仰げば尊し」を普通に歌ってましたけど…

なぜ普通に5人で歌う描写に、尺を使った?

「普通の卒業式」を、どうしてもアニメで表現したかったのかな?

イメージ079

証書の内容を見て、微笑むゆり。

「長女として、SSSのリーダーとして、これまで頑張って来たことを、

誰かに称えられたい。労ってもらいたい」

そういうキャラであることは、前回表現されていたので、この描写は納得です。

イメージ080

直井、号泣…

ここは、ちょっと泣きそうになりました。

直井が、音無に救われて、尊敬していて、大好きで…

そんなことは、十分理解しているつもりでしたし、別れる時に泣くであろうことも、

予想していました。

それでも…この辺は、中の人の演技力なのかな?

直井の悲しみが、僕にも伝わってきました。


最初、SSSの敵だった時は、正直このキャラ嫌いだったんですが…

ギャグ要員になってからは、非常に好印象。

音無の前でだけは、素直なんですよね。

イメージ081

「またどこかで、会えたら会いましょう」

これが、ゆりのラストショットになりました。

嫌いな人が多かったみたいだけど、僕は共感できる部分が多くて、

悪い印象はないですね。

最後もそうでしたが「できれば、そうしましょう」って言い方が、強制してなくて好きです。

強い意志を持って、人を引っ張っているように見えるけど、決して強制はしないんですよね。

惜しむらくは、その方向性が間違っている、ということでしたが…

その間違いも、最後に奏へ謝ったことで、許されたのではないか…と思います。


そして、ここで退場することで、ゆりはヒロインではない

ということが分かり…いや、気がついていたんですけどね。

でも、どう見てもヒロインの立ち位置だったのに!

奏が残ることで、そうではないとハッキリ判明しましたね。

あと、普通の作品であれば、音無と恋愛関係とか…

それも一切なかったので、なんか不思議な感じがしました。

イメージ082

卑怯だぞ、音無! 浅はかなり!

2人きりになったら、突然告白したり…

みんな消した後で「この世界に2人で残ろう」って…

それって、卑怯じゃないですか?

それなら、ユイと日向だって、この世界に残って楽しく暮らせたような…

まあ、だから奏も、同意しなかったんでしょうけどね。

…せめて、アレですよ。

SSSメンバーが残ってる間に、本心を明かさないと、フェアじゃない。

イメージ083

音無の心臓は、奏に移植。

なるほど、そういうオチですか。

奏は、音無を待っていた、と。

心臓移植→ドナーに感謝したい…


音無が、動揺してるのは納得として…

彼、物凄く奏が好きだったんですね。

「そんなに?」って違和感を感じるほど、泣いてました。

この辺も、アレかな?

ここまでの描写不足というか、演出に問題あり、かな?

マエダミー。

イメージ084

歌で、最後は、現世で奏と音無再会。

奏の歌が、キーワード。

ハッピーエンド。





えー、作品の全体評価。

とりあえず、音楽とキャラクターは高評価ですね。

特に、EDとOPは今期作品で1番。

OPは他ブロガー様でも「神曲」と仰ってる方が多かったですね。


ただ、ストーリーが急展開すぎるというか…表現してほしい部分を

カットしすぎというか。

「1クールで時間がない」が原因じゃない気がするんですよね。


そんな印象です。

これまで、「AngelBeats!」の記事にTB&コメントを下さった皆さん、

ありがとうございました!


「もう、岩沢さんとユイの代わりはいないんだよ」


イメージ074
「ただ一時、アタシたちは…
ありはしなかった青春をさ…
ただ、楽しんでたってことになれば、
それだけで十分だなって…」



いきなり、ガルデモ消失から開始。

岩沢とユイを失い、音無の話を聞いて…覚悟が決まった、と。

少しの間でも、バンドができて楽しかったわけですね。

ひさ子の台詞に感動。

イメージ075
松下五段、激やセで帰還!

山に篭ったら、食料が少なくて痩せた、と。

イメージ076
「戦力が100人増えたと思え」

椎名、カッコいいぜ!

SSSのメンバーは、音無に協力するようです。

イメージ078
イメージ079
武器を失ったゆりに、銃を渡すチャー。

ゆりたちが戦いを終わらせれば、自分たちも存在する意味はない…

皆、ギルドを出て地上へ向かっている、と。

そう、もう武器を作る必要はない。

ゆりに感謝されて、謙遜するチャー渋い!

イメージ089

「影」に襲われたゆりは、NPCに!

ところが、ゆりの強い意思が、「NPCの日常」を受け入れない!

奏や音無の助けもあり、何とか「戻って」来ました。

イメージ082
「ラスボス」はエンジェルプレイヤーの創始者…がNPC化した石田キャラ?

もう最後のシ者・渚カヲルでいいんじゃね?

ゆりは、希望すれば「神の座」も手中に収められたけど、拒否。

この世界が、望むなら永遠のモラトリアムになったのですが…

それはゆりの主義に反する。

パソコンをすべて破壊し、終わらせたゆり…

しかし、それは「SSSメンバーとの別れ」を意味する。

彼女にとって、いつしかSSSのメンバーは、失った弟や妹と同じくらい、

大切な存在になっていたようですね。

いよいよ、ゆりも目的を達成し、「存在する」意義を失う…

イメージ083
「長い間お疲れ様、お姉ちゃん」

そう、成仏するなら、このシチュエーションしかありませんよね。

イメージ084
そりゃあ、泣くでしょう。

ゆりは、「もう、いいんだよ」って。

「頑張ったから、休んでいいよ」と誰かに言って欲しかったんですね。

ずっと気を張って、戦い続けて来たわけですからね。

緊張の糸が切れて、子供みたいに号泣。

イメージ085

ゆりが目を醒ますと、そこには…

いよいよ、次回は卒業ですね。





イメージ086

酷いあだ名…


イメージ067

「次は誰を消すか」と、聞きようによっては冷酷なこと

を考えている音無。

日向と直井が、それに協力。

日向は前回協力してくれた描写がありましたが、直井も気がついていたんですね。

その直井が、「影」に襲われる。

日向と音無が、銃で撃退しましたが…

影に接触後、放置しておくと「NPC」になってしまうそうです。

イメージ068

早速、「影」の対策に追われるゆりっぺ。

天使と会談して、事情を問うも、天使は無関係。

この場面は、ゆりっぺに対する直井の言い訳が面白かったw


イメージ069

会談途中、校庭で野田たちが大量の「影」と戦っているのを日向が発見。

ゆりっぺたちも話し合いを中断して、戦闘に加わる。

何とか撃退したものの…ゆりっぺは、NPCが「影」に変化するのを目撃。


イメージ071
天使ちゃんマジ天使!

いや~このフレーズ、皆さんが使ってるのは知ってましたが、

まさか自分自身が使う日が来ようとは…

羽根が生えた奏は、正に「天使」。


イメージ070

その戦闘中、別の場所で高松が「NPC化」。

「消えた」と言っていいのでしょうか?

キャラが変わってしまい、もう筋肉自慢もしないし、眼鏡もない。

イメージ072

体育館にSSSのメンバーを集合させた、ゆりっぺ。

「影」についてモブキャラたちに説明後…音無を「別行動のリーダー」と指名して、

説明を求める。

つまり、音無&日向&天使&直井の「消える計画」は、

ゆりっぺに全部バレてましたねw

音無の説明に納得できない者もいたようですが、日向が「ユイ成仏」の件を

語り、直井が音無に救われたことを話すと、沈静化。


「影」にNPC化させられるか、自分で「消える」か?

SSSメンバー、追い込まれました。


イメージ073

SSSのメンバーが思案する中、そのトップであるユイは、

単独で「影殲滅」行動を実行。

音無のやることを否定せず、自分以外全員消えてもいい…

そう言って去ろうとする。

しかし、音無は「待ってる」と…

日向も、温かい言葉を投げかけました。


影をコンピューターで発生させている人物は、ギルドに?

ゆりっぺが、その入り口を発見したところで、END。




今回は、ゆりが目立ちましたね。

音無の計画を知っても、怒らないのが意外…

「犯人探し」のミステリーっぽい展開で、楽しめました。


☆補足

イメージ065
イメージ066

野田の、ゆりっぺに対する思いが伝わってくるシーンでしたね。








音無 役 :神谷浩史
ゆり 役 :櫻井浩美
天使 役 :花澤香菜
ユイ 役 :喜多村英梨
日向:木村良平
高松:水島大宙
野田:高木俊
椎名:斎藤楓子
遊佐:牧野由依
藤巻:増田裕生
TK:Michael Rivas
松下:徳本英一郎
大山:小林由美子
チャー:東地宏樹
岩沢:沢城みゆき
ひさ子:松浦チエ
入江:阿澄佳奈
関根:加藤英美里

OPテーマ:My Soul,Your Beats!(Lia)
EDテーマ:Brave Song(多田葵)




ユイ、消滅。


イメージ067

ユイのターン…なお話。

ユイは事故で身体が不自由になってしまった

ので、思い切り運動したり、一生介護してく

れる男性と結婚する…というのが、

生前の願望だったみたいですね。


音無、まずはプロレス技

「ジャーマンスープレックスをやってみたい」

というミッションにトライ。

ブリッジの練習を重ね、ユイ何とか成功。

イメージ068

続いて「5人抜きシュート」。

ワールドカップ、伝説のマラドーナですね。

野田たちが、音無の策略にあっさりハマる。

…日向は、気がついていた?

TKが、いつものように愉快コメント連発w

ユイ、野球とかプロレスはダメなのに、

なんでシュートだけ「必殺技」っぽくなった?

イメージ070

「ホームランを打ちたい」

スポーツ部門、最終ミッション。

でも、こればかりは簡単にできませんでした。

いくら、日が暮れるまで練習しても…

ユイは、諦めます。

どうやら、ホームランがどうこうではなく、

思い切り運動したかった…という感じで。

「部活みたいで楽しかった」というユイ。


スポーツの夢は終了し、残るは結婚。

ユイは凄い目で音無を睨みますが、

さすがに音無は「OK」出来ない。

…そこで現れたのが、日向。

「結婚してやんよ!」と力強い。

介護もしてくれるそうです。


でも、1つ疑問が。

この2人、これまで口喧嘩したりプロレス技

かけたり、確かに仲はよかったですけど…

「結婚」っていうまでの関係を築いていたかな?

そこが気になりました。

日向が「フライ捕ったら消える」を防いだ

のはユイでしたから、因縁はありますけどね。


イメージ073
結局、日向の言葉に感動したユイは、

嬉し泣きしながら消滅。

賑やかで楽しい性格のキャラだっただけに、

いなくなると寂しいですね。

「よかったのか?」の問いに、

これでよかった、と答えた日向。

イメージ072

総括。

序盤はギャグ調でしたが、終盤シリアス。

日向とユイは好きな部類のキャラだけに、

終盤の展開は感動したというか、

高いクオリティでよかったと思います。


音無 役 :神谷浩史
ゆり 役 :櫻井浩美
天使 役 :花澤香菜
ユイ 役 :喜多村英梨
日向:木村良平
高松:水島大宙
野田:高木俊
椎名:斎藤楓子
遊佐:牧野由依
藤巻:増田裕生
TK:Michael Rivas
松下:徳本英一郎
大山:小林由美子
チャー:東地宏樹
岩沢:沢城みゆき
ひさ子:松浦チエ
入江:阿澄佳奈
関根:加藤英美里

OPテーマ:My Soul,Your Beats!(Lia)
EDテーマ:Brave Song(多田葵)

AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。