2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事にするよ。


爽子は風早と付き合い始めたことが学年中に知れ渡った頃、爽子をよく思わない女子たちが、未だ信じられないと話をしていた。そこへ現れたくるみ、そして爽子。女子たちに忠告をし屋上へと去るくるみを、爽子は風早と付き合ったことを報告するために追いかける。爽子の報告にくるみは・・・。


正に「けじめをつける」というお話でしたね。

人気者・風早と付き合う爽子に対する、

妬みみたいなものへの、けじめ。


爽子は、「ライバル」と宣言していた、

くるみに報告すべき…と考えた。

しかしその頃、くるみは喧騒の中。


1期で、くるみに利用され、彼女の代わりに

爽子を女子トイレで吊るし上げた女子数名。

彼女たちと、くるみは言い争っていた。


風早が「みんなの」じゃなくなったことで、

激しく動揺している…それに対してくるみは

堂々としていましたね。


「自分は告白した」という、自負。

1期の時は、くるみも彼女たちと同じ

だったかもしれませんが、2期では

立場が違う。

だから「爽子ちゃん以外は皆同じ」という台詞

が、ハッキリと言える。

一見、爽子を擁護しているような主張に聞こえ

ましたが、そんな感情はないでしょうね。

あれは「戒め」みたいなものでしょう。

「諦め」にも似ている。


くるみがその場を去った後、「みんなの風早君」

軍団が爽子を批難し始めますが、爽子は

「くるみちゃんのライバルはあたし」と主張。

軍団は眼中なしで、屋上へくるみを追う。

もちろん、その後は「親友」あやねと千鶴

が現れ、千鶴が厳しく、あやねが優しくフォロー。

「みんなの」軍団は、泣いて戦意喪失。



屋上での、くるみと爽子の会話こそが、

この回のクライマックスでしたね。

シンプルに、ただ付き合う報告をした爽子。

余計なことを言わない爽子に敬意を表した

くるみは「爽子ちゃんがライバルでよかった」

と、彼女なりの最大級の賛辞。

この場面、緊迫感というか、雰囲気が凄かった。


それを、偶然三浦健人が聞いていて…

下校するくるみに、話しかける。

ここで重要なのは、くるみが「どう頑張っても

自分は風早に好かれることはない」と吐露したこと。

爽子に接する風早を見て、観念した、と。

そこにあやねもやって来て、自分が男だったら、

くるみの汚い部分も全部受け入れてやれるのに…

と語る。

泣く、くるみ。

そうですね…風早君は、好きになるタイプが限定

されてますから、「懐の深い男性」ではないですよね。


そして、最後は…風早という高い壁に散っていった

幾多の女子の無念を背負い、爽子は風早を

「大事にする」と誓う。


エンディングが流れ始め、爽子と風早君のデート

シーンが描かれました。

…いやいや、なんだこれ?

素晴らしい最終回で、鳥肌立つよ。


今期最終回を迎える作品で、ナンバーワンと言って

いいでしょうね。

1期も、評価は高かったですけど…。


3期もありそうですよね。


以上で、君に届けの2期記事は終了です。

ありがとうございました。


オープニングテーマ「爽風」タニザワトモフミ
オープニングテーマ「君に届け…」MAY'S

君に届け 2ND SEASON声優
黒沼爽子:能登麻美子
風早翔太:浪川大輔
矢野あやね:沢城みゆき
吉田千鶴:三瓶由布子
真田龍:中村悠一
三浦健人:宮野真守
胡桃沢梅:平野綾


スポンサーサイト

彼女!


学校祭の打ち上げに、爽子と風早は待ち合わせをし2人で現れた。2人が付き合い始めたことに、信じられないといった雰囲気のクラスメイトたち。カラオケ屋を出た後、みんなで海辺へ向かう。そこにはピンがいて、爽子と風早にちょっかいを出すのだが、そそのかされた風早は改めて爽子に告白する。


うーん…ラブラブな風早と爽子の話かと思ったら、

2人の仲を周囲に認めさせる話でしたね。


打ち上げ会場で、風早が「俺から」と言って、

それでも信じるような信じてないような、

不思議な反応。

次の日「黒魔術」のおかげと、学校で伝わったりね。


海辺で、ピンが絡んで「結婚」を意識しだしたり、

ちゃんと「付き合って」と宣言する大事さを、風早

は十分自覚したようです。


三浦健人は、爽子を祝福し、風早に「もう泣かすな」

と忠告。

「貞子」と呼び続けているのは、彼なりの配慮

があったんですね…深いな。


ただ、健人ほど割り切れないのが、くるみ。

心から祝福することは、できないようです。

風早はくるみに一切恋愛感情を持っていませんでしたが、

くるみは片思いが吹っ切れてないようですね。


爽子のクラスだけではなく、他のクラスの人間も

「2人が付き合う」ことに、納得せず…

風早が、改めて宣言したことで、学年中に噂が広まり…

って、不穏な動きをする女子が数名。


…ですよね。

中学時代「みんなの風早君」という協定を作っていた、

彼女たちが黙っているわけがない。

くるみも、その一員だったわけで、爽子を苦しめて

きましたが…風早と付き合うには、最大の障害。


「この問題スルーかな?」と気になっていたので、

次回解決して、2期最終回ENDかな?


オープニングテーマ「爽風」タニザワトモフミ
オープニングテーマ「君に届け…」MAY'S

君に届け 2ND SEASON声優
黒沼爽子:能登麻美子
風早翔太:浪川大輔
矢野あやね:沢城みゆき
吉田千鶴:三瓶由布子
真田龍:中村悠一
三浦健人:宮野真守
胡桃沢梅:平野綾


夢みたいだ…やっと、届いた。


学校祭が始まり、爽子のクラスの女子たちは次の日の仮装行列の準備のため千鶴の部屋に集まっていた。この日あった風早との出来事を何度も思い返し、風早からのメールを何度も見ながら爽子は夜を過ごした。そして仮装行列の日、学校の皆が校庭へ出て行く中で、爽子は風早から呼び止められ・・・。


ようやく、「君に届いた」。

そんなお話でしたね。


「好きだよ!」と叫んだ、風早君の

タイミングが、凄い。

前日に、メールで「もう1度話したい」と、

アポはとっていたわけですが…

風早君が言いたいことを言う前に、爽子が

「頑張るから見てて」と一方的に語り、

去っていく…。

あれ? なんかズレてない?


風早君は、別に爽子の「うらめしい演技」とか、

熱望してないと思うけど…?


まあ、だからこその「好きだよ!」だった

んでしょうけどねw

あれ、他の人にも聞こえてましたよね?

騒ぎとか、噂にならないのが不思議。


「違わないよ、同じでしょ?」

という台詞が重い。

以前「黒沼の好きと俺の好きは違うね」

と問いかけ、爽子もそれを肯定してしまった

ことがありました。

その複線を踏まえた上での…風早が落ち込み、

爽子が号泣しているのを見た上での、この描写は、

視聴者的に「くる」ものがありますよね。


「私、風早君、全部欲しいんだよ」

と泣きながら語る爽子に

「同じだよ」

と返す風早君。

ですよね~。同じですよね。

「夢みたいだ、やっと届いた」

…そうか、そうか。

そんなに爽子のことが、好きでしたか。


「誰よりも、好きだよ」と、浪川さん渾身

の甘い台詞でEND。



いやー、よかったですね!

ここまで、大分遠回りしたけど、その分

「念願かなって」という感じになってました。


個人的に、今回1番お気に入りの場面は…

「友達になれるように、頑張ってみるね」

と爽子が宣言して、本当に矢野や吉田、

クラスの女子と友達になった…その現状を

見て、優しく微笑む風早君…ですね。


なんか、爽子の成長とか幸せを、遠く

からそっと祝福している…

恋人というよりは「父親」とか「兄」

みたいな感情もあるのかな~と感じました。



オープニングテーマ「爽風」タニザワトモフミ
オープニングテーマ「君に届け…」MAY'S

君に届け 2ND SEASON声優
黒沼爽子:能登麻美子
風早翔太:浪川大輔
矢野あやね:沢城みゆき
吉田千鶴:三瓶由布子
真田龍:中村悠一
三浦健人:宮野真守
胡桃沢梅:平野綾


好きなの!


教室にいる風早のもとへ駆けていく爽子。風早を目の前にし、緊張からふるえが止まらない。気持ちを伝える覚悟ができた爽子は、教室のドア越しに、ひとことひとことを紡ぐように言葉を押し出していく。自分の毎日を変えてくれた風早に、『ありがとう』の言葉と、そして・・・。


ついに、爽子が告白…というお話。

1期の初回から視聴してきた人にとっては、

この瞬間を味わいたくて

ずっと「君に届け」を追いかけてきた…

それほど、待望の回ではないかと推測されます。


管理人自身も、最近まではその姿勢でした。

「とてつもない感動」が味わえるのではないか、と。


…しかし、運命とはなんと皮肉なものなのでしょうか?

この、爽子と風早が急激に盛り上がる大事な時期に、

管理人はプライベートで心に大きく傷を負ってしまうような

問題に巻き込まれまして…傷心のこの状況では、

とても他者の恋愛を

心から祝福できる状態にないのです。


とても残念なのですが…自分もある程度、「心の平穏」

みたいな状態にないと、「恋愛アニメ」は心底楽しめない

のかなあ…と。

そんな心境です。

ただ、風早と爽子には、心からおめでとうと言いたい。

自分は、心臓にグサグサとナイフを突き立てられてる

ような状況なので、心から祝福できないのが、悔しくて

なりません。


本編に話を戻しましょう。

結局、風早が「気持ちは変わらない」と告げて、

爽子が泣きながら「好きなの! 好きなの!」と、

これまでの「感謝の気持ち」のような言葉とは違う、

ハッキリとした恋愛感情を口にしたので、

風早はしっかりと彼女を抱きしめました。


彼が、どのような感動的な言葉で、爽子の本心に

答えてくれるのか、とても楽しみにしていたのですが…

言葉ではなく、身体で表現していましたね。

少し拍子抜けしましたが、ああいうものなのかもしれません。


ジョーが邪魔しなかったら、キスしていたような雰囲気…


あと、ピンと龍がいい仕事してましたね。

特に、ピン。

「下心はあって当然」は、同意。

それが無かったら、「付き合いたい」とか

「抱きしめたい」とか、発生しないですよね。

悪いことでは、ないと思います。


最後に、風早が「もう1回話したい」と爽子に

メールを送っていたので、次回、彼が何を

言うのか、期待してます。


オープニングテーマ「爽風」タニザワトモフミ
オープニングテーマ「君に届け…」MAY'S

君に届け 2ND SEASON声優
黒沼爽子:能登麻美子
風早翔太:浪川大輔
矢野あやね:沢城みゆき
吉田千鶴:三瓶由布子
真田龍:中村悠一
三浦健人:宮野真守
胡桃沢梅:平野綾


神様みたいな人だと思った。


学校祭の準備が進む中、爽子はくるみの言葉が頭から離れず、なぜ風早を好きになったのかを思い返していた。そして風早もまた、ピンに「あきらめちまえよ!」と言われたことで、自分の想いを見つめ返しているのだった。それぞれの想いが巡る中、ついに学校祭が始まる。


学校祭が描かれていたが、実際は最後に

爽子が告白の決意をするまで…を描く話。


ついに、爽子が決断しましたね。

今まで、溜めに溜めて、引き伸ばすだけ

引き伸ばしただけに…今回の最後もそうですが

次回は鳥肌ものの感動が味わえそうです。


爽子に「ヒント」を与えたのは、三浦健人でした。

「風早に対してだけ壁を作ってる」。

これは、重要なポイント。

風早サイドは、自然体で接してきたのに…

爽子の方は、意識しすぎるあまり、緊張して

ぎこちない態度をとってきた。


風早は、「清純なイメージ」と戦っていましたよね。

自分は、普通に好きで、特別な女の子として

扱っていた。

ただの本音。

それが、苦労してきた爽子には、

「神様みたいな人」に見えた。

そこに、すれ違いが生まれた。


いつだって「偽善者」の仮面を被っていた健人が、

今回「本音言っていいかな?」とぶっちゃけたことで、

爽子の劇的な変化を生んだというのは…

よかった、と言っていんでしょうか。


彼は、爽子と風早では格が違いすぎ、不釣合いに

思えたので、クラスのみんなに溶け込ませ、

俺でよければ付き合ってあげるよ…

そういう計画だったようですね。

「いいこと」をしたつもりだったんでしょう。

そう見えても、仕方ない2人ではあります。


ただ、健人は「両思い」であることを知らなかった。

今回、「動かなかった」あやねや、風早の居場所を

「黒沼~教室!」と教えてくれた龍は、それを知って

いた点が、健人と大きく違ったんですよね。


おそらく、今回が「健人」というキャラの最後の

役割で、最後の仕事だったのでしょう。

「余計なことをして」と批判の的な彼ですが、

同じ男性として、同調できる場面がありました。


それは、爽子を笑わせようとポーズをとった時、

爽子がノーリアクションだったのを確認した後の、

寂しそうな笑顔。

「笑った顔がいいと思ったんだけどな~」

と呟く健人。

方法は間違っていましたが、彼女を笑顔にして

あげたくて、いろいろやっていたんでしょうね。

「応援するよ。頑張んなよ」

は、ちょっと切なかったです。


爽子の感情を動かせるのは、自分ではない。

風早だけなんだ、と。

健人は、自分の無力さを感じていたでしょうね。

前回、あやねに怒られ、くるみにビンタされ、

さすがに彼に、少し同情したくなってきました。


そして、くるみ。

今回は、邪魔しなかったですね。

自分と同じように、風早に対して「チャレンジ」する

姿勢が見えれば、容認する、と。

「漢」ですよねw


最後は、風早のいる教室に、爽子が走ってEND。



とにかく、Bパート。

健人が爽子を「動かした」辺りから、

鳥肌が立つ急展開。

「止まっていた時間が動き出した」というのは、

正にああいうことを指すのでしょうね。


「風早君が誰を好きでも関係ない」

「何を迷っていたのか」


と自問自答しながら爽子が走る場面は、

1期2期通して、最高のシーンかな、と。


さて、次回がクライマックス。

正直、僕は結果がどうなるか知ってますし、

その後の展開も聞いてます。

やっと、言いたいことが言えるように

なりそうで…

感想も楽に書けるようになる…かな?


オープニングテーマ「爽風」タニザワトモフミ
オープニングテーマ「君に届け…」MAY'S

君に届け 2ND SEASON声優
黒沼爽子:能登麻美子
風早翔太:浪川大輔
矢野あやね:沢城みゆき
吉田千鶴:三瓶由布子
真田龍:中村悠一
三浦健人:宮野真守
胡桃沢梅:平野綾


AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。