2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



咲「寒い? じゃあ、服を貸してあげる」

滝沢「ありがとう! ジョニーも喜んでるよ」



咲「これから、どうするの?」

滝沢「うーん……ポリス殺っちゃったわけだしね。
とりあえずダッシュで逃げるよ」



滝沢「速攻ー! 速攻ー! ラン&ガン!!」



咲「変な人……でも、確か外国の小説で
【裸の王子様】ってあったっけ……彼、王子様?」



滝沢「それって、裸じゃなくて【星の王子様】じゃなくね!?」

咲「すいません、そうでした」



物部「…ジュイス。NO.9は、想像以上に愉快な男だったよ」

ジュイス「ノブレス・オブリージュ。彼が今後も、
愉快な露出狂たらんことを」


スポンサーサイト



咲「彼は、この国で裸の王子様になった。
裸の王様のいない、この国で……」



咲「ウザ杉君から逃げて来たのはいいけど……
ホワイトハウスまで来ちゃった。早く日本に帰らないと……」



ポリス「ヘイ! オマエオオスギカラバックレタダロ!?
シケイダ!」

咲「ええ!? アメリカの法律では、
大杉君を避けると死刑になるの!?」



滝沢「見て見て! 俺全裸だし! ハハハッ!」

ポリス「サノバビッチ! オマエカラ咲に……
イヤ先にシケイダッ!!」



物部「ジュイス。あの警官を、
デスノートみたく心臓発作で急死させてくれ」

ジュイス「急死ですか? 少々お待ちを……受理されました」



咲「貴方の裸を見たら、急に、警官がショック死したわ。
何故かしら?」

滝沢「よく分かんないけど、俺のジョニーを見た奴は、
みんな死んじゃうんだよね」



咲「じゃあ死にたくないから、目を閉じて……
あの、どうして裸なんですか? 寒くない?」



滝沢「人は皆、裸で生まれてくるだろう?
本来全裸が自然だし、見られるととても興奮するんだ!
多分俺って、前世は露出狂? ……ただ、少し寒いけど」


「王子様は裸だよ」後編へ続く!


「彼はこうして、王子になった。王様のいない、この国で」(咲)





板津生きてた!!

もう、それだけで素晴らしい最終回だった……と言いたくなるほど嬉しいです!




押し寄せる2万人のニートから退避した「東のエデン」メンバー。




咲は電話で、迂闊な月曜日の真相を平澤たちに話し、滝沢を擁護。




納得する平澤や、おネエ。大杉も渋々同意。




初回の滝沢に続き、まさかの平澤&大杉全裸!


板津からデータが送信されたパソコンを取り戻す為、平澤や大杉が全裸にw




「さっと駆け抜けちゃえば大丈夫じゃない?」(咲)

大丈夫なワケないだろ! 咲!!


咲って、天然キャラでしたっけ?

「女子だ!」と、当然のように注目を集め、追われることに。




ガッツを見せる平澤!!


大杉にパソコンをパスした平澤、カッコよかったですね!




大杉、咲&みっちょんと合流。

エレベーターで脱出するおネエ&みっちょん&大杉&咲。

しかし、全裸ニートが強引にエレベーター内へ!

すると滝沢が現れ、全裸ニートを排除。

滝沢、ついに大杉と初対面。

立ち去ろうとする滝沢を、咲が呼びとめ、一緒に逃走。

大杉の恋、終焉。




ついに始まった、「日本に60発ミサイル」攻撃。

パトリオットミサイルで、これを応戦?

なんか、軍事アニメみたいになってきた……




つか、「2万人のニートVSエデンの東メンバー」の戦いの方が面白かった気がw

「ミサイルVSミサイル」は、もう一般人がどうこう出来るレベルじゃないですからね。




黒羽、再登場。

「私はいつ助けに来てくれるの?」って……

完全に、滝沢LOVEキャラ?




「ミサイルなんか落ちなくても、この国はもう……」


最後まで無気力なキャラだった。




「1人だけ、信じてくれた子がいたから……」(滝沢)


最後は、攻撃防いでハッピーエンド。

ジュイスにお願いして、滝沢は王子様になりました。



ちょっとアッサリしたラストだったかな? という印象。

アウトサイド、ジュイス、他のセレソン、サポーター。

TV放送では明かさず、続きは劇場版で! という終わり方でしたね。

「映画はいいから、2クールで最後まで見せてよ」というのが正直な気持ちです。


まあしかし、ミサイル攻撃止めて、滝沢が王子様になったので、

爽やかでいいラストだったと思います。


ここまで、毎回視聴者を楽しませてくれたことに、感謝したいと思います。

「コードギアス」に匹敵するか? と思わせられるぐらいの、高レベル作品でした。

個人的に、今期1番のアニメであると、賞賛したいと思います。


「東のエデン」記事にコメント&TBを送って下さった皆さん、ありがとうございました!

また、他作品でもよろしくお願いします!



咲「滝沢君? 新幹線乗らないの?」



滝沢「咲……先に、帰ってて」

咲「ダジャレ?」



滝沢「一種間ぐらい京都観光してから、帰るから」

咲「一週間!? オイ、何を言うとんのや! 滝沢!?」



咲「お前……さてはアレやろ?
京都に女囲うとんのやな!?」



咲「滝沢! ぜってー殺す!!」



滝沢「やれやれ……やっと自由の身か」



滝沢「もしもし、ジュイス? 今から、
京都の芸者ガール2万人と遊びたいんだけど」

ジュイス「2万人ですか? 少々お待ちを……
受理されました」



滝沢「なるべく、可愛い娘を用意してくれると助かるよ」

ジュイス「ノブレス・オブリージュ。
貴方がエロスで、どうしようもないプレイボーイで
あったとしても、救世主たらん事を」


「そりゃ確かに……今の俺でも絶望するかもな」(滝沢)


滝沢への不安がつのり、電話をかける咲。滝沢は咲に、記憶の謎とMr.OUTSIDEの秘密を知るセレソンNo-01/物部との会話を聞いて欲しいという。滝沢と物部は、滝沢の記憶の手がかりである播磨学園都市に向かう。物部が明かす真実。咲は電話越しの会話に耳を傾ける。




今回は物部が、この作品の根幹を語ってくれましたね。

ミスターアウトサイドが、人名ダジャレだとは思いませんでした。

もうガンで死んでしまってるので、滝沢は殴ることが不可能と知る。

「セレソン」はサッカーから。詳しい人なら気がついてましたよね?



滝沢が記憶を消した理由は、自分が助けた人たち(&協力者)に裏切られたから。

「善人がバカを見る」という現実に、耐え切れなかったんでしょうね。

もし同じ立場なら、多分、僕も耐えられないと思います。

滝沢可哀想だ……。

そりゃあ、咲も同情して泣きますよね。

滝沢と物部の会話を、みっちょんと咲が聞いていたのが、唯一の救い?



板津が死に際に送ったデータ、東のエデンに届いてましたが……

大杉たちでは理解不能だった?

平澤なら、真実を理解する頭脳を持っていると、期待したのですが……



いやー、面白いです!

最後に、「12番がサポーター」と明かされたり……ジュイスは「絶対不可侵領域」?

「ジュイスに代わってゲームの支配者に」と計画した、物部の考えが甘かった、というオチで。


作品レベルとしては、コードギアス級の頭脳作戦だと感じました。

ストーリーがいい!

次回、最終回。

終わるのは残念ですが、楽しみです!

AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。