2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



テイト「アヤナミ! 俺はお前が憎い……憎い……肉食い……肉食いたい!」



アヤナミ「腹が減っているのか? では、私と焼肉デートしよう」



フラウ「焼肉デートなら、俺と行くしかねえだろ?」



テイト「……誘ってくれてありがとう、フラウ」



ミカゲ「いい人に好かれて、良かったな。テイト」



ミカゲ「これでもう、俺がいなくても、お前は大丈夫だ」



ミカゲ「フラウ司教と結婚して、幸せに暮らせよ! テイト!」



テイト「ミカゲ!! ……俺、お前のこと、絶対忘れないからな!!」



ミカゲ「……俺もずっと、テイトのこと、忘れないぜ!」



フラウ「……なんだ、泣いてんのか? クソガキ?」



テイト「フラウ……俺、失ってばかりじゃなかった……」



テイト「俺はミカゲを失ったけど……お前がいてくれて、本当に良かった」



フラウ「……嬉しいこと言ってくれるじゃねえか、クソガキ!」



フラウ「今から新婚旅行に出発だ!!」

テイト「うん!」



アヤナミ「……これをもって、【07-GHOST】のギャグパロを終了とする。TBを送ってくれた者や、感想コメントを残してくれた諸君、深く敬意を表す。諸君らの未来に、幸運あらんことを」


スポンサーサイト




テイトとハクレンが、力を合わせて司教試験に合格した。

そんなお話でしたね。



カストル「テイト君たちは今頃、司教試験の真っ最中ですか……自分が受験した時のことを、思い出しますねぇ」



フラウ「変な奴と組まされて、2回も落ちた。嫌な思い出しかねえな」

カストル「貴方が全然勉強しなかったから、私まで落ちたんでしょうが!? 責任転嫁自重!!」



フラウ「勉強って……嫌いな奴の本なんか、読みたくねーし」

カストル「【神様】の本です!! 【好き】とか【嫌い】のレベルじゃありません!!」



刹那「この世界に、神などいない」



テイト「溺れてたぞ! なんで助けない!?」



ランセ「この程度の試験で死ぬようであれば、それは神のご加護がなかったということだよ」



刹那「この世界に、【神のご加護】などない」



テイト「何故【歯医者の扉】をくぐった俺たちが、合格なんですか!?」

ハクレン「いや、正しくは【敗者の扉】な? 【歯医者】だと、俺たち普通に【歯の治療を受けに来ただけ】みたくなっちゃうから」



ランセ「この試験に、【勝者】は存在しない」



刹那「この世界に、勝者はいない。ちなみに、ヨーグルトの【ビヒダス】には、砂糖が付属しない」



アヤナミ「ヨーグルト関係ねえだろw 次回は、私が軽音部に入って、澪やむぎちゃんと演奏する話だ。キャラソンの予約を忘れるな」




フラウ「乗れ! ハクレン!!」

ハクレン「助かります! フラウ司教!!」



ハクレン「テイトが目を開けてくれないんです!! どうしよう!」

フラウ「死にかけてんのか? ……しょうがねえ、アレを使おう」



フラウ「起きろ、テイト! これは【1度俺が口に含んで、下半身から体外へ排出した水】だ!! ある意味では聖水だ!!」



テイト「ぶわっ!! 汚ねえ!! なにすんだ、フラウ!?」

ハクレン「……まあ、自然な反応だろうな」



アヤナミ「酷いな、テイト・クライン。フラウではなく、私の聖水を飲んでくれたまえ」



テイト「恐っ!! そんなモン飲んだら死んでしまうわ!!」



ルルーシュ「まずいぞ! アヤナミの狙いは俺ではなく、テイトだ!」

C.C.「……【フレイヤ】を使え、ルルーシュ」



ルルーシュ「いいだろう、C.C.! 全軍、【フレイヤ】を一斉掃射せよ!!」



ルルーシュ「撃っていいのは、撃たれる覚悟がある奴だけだ!!」



ルルーシュ「どうだアヤナミ!? 変わるべきなのは俺ではなく、世界の方だ!!」



アヤナミ「……全軍、退避せよ」



ハクレン「凄い! あれがテイトの力!? ラピュタは本当にあったんだ!!」



テイト「まずい! フレイヤの衝撃で、ミカエルの玉(瞳)が離れた!」



ヒュウガ「これ【賢者の石】かな? かな? お持ち帰りぃ~!」

フラウ「喋りが【竜宮レナ】みたくなってんぞ?」



テイト「持っていかれた!? 返せよ! たった1人の弟なんだよ!!」

フラウ「ハガレンネタ自重しろw」



テイト「なんで俺なんか助けた!? 玉(瞳)の方が大事だろ!?」



フラウ「……俺にとっては、お前の方が大事だよ」



テイト「フラウ……大好きすぎて、困る」



「アヤナミ様! オームが森に帰って行きます!」

「何の話だ? 【ナウシカ】のラストシーンの報告など、後にしろ」



アヤナミ「次は必ず、玉だけでなくお前の身体を奪ってみせるぞ……テイト・クライン」




カストル「この子を捕まえて正解でした…当たりかもしれませんね」



クロユリ「うぐぅっ!!」

カストル「心配ありません! 痛くないようにイカせてあげます!!」



アヤナミ「よすんだ、メガネ。クロユリにお仕置きしていいのは、この私だけなんだぞ?」



カストル「貴方にこの子は、もうお返しする気などありませんよ! 中には誰もいませんよ!」

アヤナミ「【スクールデイズ】ネタは、自重したまえw」



アヤナミ「真性のショタコンである、この私から少年を奪うとは…何様のつもりだ? メガネ?」



クロユリ「アヤナミ様……クロユリはもう汚れてしまいました。僕のことはお忘れ下さい」



ハルセ「危ないところでしたね、クロユリ様」

クロユリ「助けてくれてありがとう、ハルセ」



クロユリ「だけど、もう……僕はメガネに汚されてしまった。助ける価値はないよ」



ハルセ「たとえ、そうだとしても……私は、クロユリ様を愛し続けます」



クロユリ「ハルセ……。ちょっと、目を閉じてくれる」

ハルセ「目ですか?」



クロユリ「今日のお礼に、キスしてあ・げ・る」



ヒュウガ「ねえねえ、アヤタン! クロがハルセにキスとか、マジやばくない!?」

アヤナミ「気に入らんな、その喋り方」



アヤナミ「クロユリの奴……キスは私だけにしろと、あれほど言っておいたのに!!」



テイト「フラウ! 愛してる!!」

ハクレン「落ち着け、小学生! 俺はフラウ司教じゃない!!」



テイト「間違えてハクレンに抱きついちゃった…死にたい」

ハクレン「おいおい? 俺はブタゴリラ以下の扱いか?」



テイト「フラウのバカーーーッ!!」

フラウ「グワシッ!!」



テイト「アンタが側にいてくれないから…私、ハクレンなんかに抱きついちゃったじゃない!?」

ハクレン「おいおい。お前の中の俺の価値は、どこまで低いんだ?」



フラウ「……何も判ってねえな、クソガキ」



フラウ「寝てるお前の側になんか居たら、キスしちまうだろうが?」

テイト「……なっ!」



フラウ「だ~い~好き~よ~ぉぉ~♪♪by大塚愛」



テイト「フラウのバカーーーッ! 変態!!」



フラウ「……なぜだ? なぜこうなる?」



カストル「自業自得です! 私のテイト君を泣かせた罰!!」

フラウ「いや、お前のでは、ねえよ」



カストル「私のだぁぁぁーーーーー!!」



カストル「お舐め! 私の靴をお舐め!!」



アヤナミ「次回は、私がC.C.からギアスを授けられ、スザクをフルボッコにするスペシャル回。撃っていいのは、撃たれる覚悟がある奴だけだ!!」




バスティン「…主人公なんだし、せめて痛くないようにイカせてあ・げ・る」



テイト「……バスティンさん! こんなことをしても、フラウは戻って来ない!」



バスティン「黙れ小学生! 私からフラウを盗んでおいて……お前を殺せば、フラウはきっと私の下へ帰って来るのよ!!」



ラブラドール「……こんにちは、【教えてお花さん】でお馴染み、ラブちゃんです。なんかパスを持ってない侵入者がいるんで、逮捕しちゃうぞ!」



ラブラドール「ほら、見て御覧、僕の目を……立派なヤンデレだろう?」



ハルセ「押尾学じゃなし、簡単に逮捕されてたまるか!!」



ラブラドール「僕のことを【いつも花とばっか会話してる、ヒッキーなヤンデレ】だと思ったら、ヤバスだよ? なぜなら、綺麗なバラには、棘があるんだから……」



フラウ「……もうよせ、バスティン。昔交わした約束を、忘れたのか?」



バスティン「……約束?」



フラウ「なあ、アンタ俺より、大分年上だよな?」

バスティン「ええ、そうですよ」



フラウ「アンタが死んだら、俺どうすればいいんだ?」



バスティン「私が死んだら……自分の本当に好きな人を、必死で追いかけなさい。そして、幸せになるんです」



フラウ「でも、それじゃあ……」



バスティン「私は、貴方の幸せを、天国から見守っていますよ、フラウ……」



フラウ「貴様に……神のご加護を」



バスティン「フラウ……最後は、愛する貴方の手の中で、死ねて満足です」



フラウ「すまねえ、バスティン。俺テイトと48時間以上離れると、爆死しちまうから……」



刹那「すまない、ライル。アニューとバスティンの件は、ああするしかなかった。本当にすまないと思っている」



ライル「アニューとバスティン関係ねえ!! ってかバスティンって誰だよ!?」



カストル「ごめんなさいね……ガチホモで」



カストル「私のこの手は……美少年の身体をお触りする為にあるんですw」



カストル「貴方に用はありませんが、貴方の身体に興味津々!!」



クロユリ「やめろーー!!」

カストル「心配いりません! 痛くないようにイカせてあげます!!」



カストル「貴方にイタズラしていれば、速水声のあの人が出てくるはず!!」



アヤナミ「次回は、【身体は大人、頭脳も大人】なこの私が、コナン君に代わって難事件を解決する話だ。チャンネルはそのままで」


AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。