2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)

ストーリー
5点
キャラクター性
4点

4点
演出
5点
音楽
5点
総合的な評価
5点

☆花咲くいろは

ストーリー
4点
キャラクター性
4点

4点
演出
4点
音楽
2点
総合的な評価
4点

☆夏目友人帳 参

ストーリー
5点
キャラクター性
5点

4点
演出
4点
音楽
4点
総合的な評価
5点

☆うさぎドロップ

ストーリー
5点
キャラクター性
4点

3点
演出
5点
音楽
2点
総合的な評価
5点

☆セイクリッドセブン

ストーリー
3点
キャラクター性
4点

4点
演出
3点
音楽
3点
総合的な評価
3点

☆まよチキ!

ストーリー
3点
キャラクター性
5点

4点
演出
3点
音楽
3点
総合的な評価
3点

☆BLOOD C

ストーリー
2点
キャラクター性
2点

4点
演出
4点
音楽
3点
総合的な評価
3点

☆神様のメモ帳

ストーリー
2点
キャラクター性
3点

4点
演出
3点
音楽
4点
総合的な評価
3点

☆TIGER&BUNNY

ストーリー
3点
キャラクター性
3点

5点
演出
3点
音楽
3点
総合的な評価
3点

☆青の祓魔師

ストーリー
3点
キャラクター性
2点

2点
演出
3点
音楽
2点
総合的な評価
3点

☆神様ドォルズ
ストーリー
3点
キャラクター性
3点

2点
演出
2点
音楽
3点
総合的な評価
2点

☆森田さんは無口

ストーリー
2点
キャラクター性
4点

4点
演出
3点
音楽
2点
総合的な評価
3点

☆NO.6

ストーリー
2点
キャラクター性
2点

3点
演出
2点
音楽
3点
総合的な評価
2点

☆異国迷路のクロワーゼ

ストーリー
1点
キャラクター性
1点

4点
演出
1点
音楽
2点
総合的な評価
1点

☆ベストキャラクター賞

近衛スバル(まよチキ!)

☆ベストOP賞

「Hacking to the Gate」/いとうかなこ(STEINS;GATE)

☆ベストED賞

Hazy/スフィア(花咲くいろは)

☆ベスト声優賞・男性
木村良平
☆ベスト声優賞・女性
茅野愛衣
スポンサーサイト


・作品概要
1998年から週刊少年ジャンプに連載され、単行本は累計5500万部を突破しているという冨樫義博の人気作品「HUNTER×HUNTER」をマッドハウスがアニメ化。人気作だけに、1999年に一度アニメ化されており、その後、OVAでその続編が描かれるなどしてグリードアイランド編まではアニメ化されているが、今回は改めてゴンの旅立ちからが描かれる。なお、キャストは以前とは一新されており、ゴン役にはオーディションで潘めぐみさんが選ばれた。ちなみに、日本テレビ系列(NNN)ほぼ全局ネットで放送が行われるが、放送時間は局によって大幅に異なるため注意が必要。

・あらすじ
くじら島で暮らす少年・ゴンの夢は、幼い頃に別れた父と同じ「ハンター」になること。世界中に散らばる、財宝、秘宝、珍品、珍獣……「未知」への挑戦に命を賭けるプロハンターになる決意を胸に旅立つゴンは、同じハンター試験合格を目指す受験生のクラピカ、レオリオ、キルアと出会う。超難関で知られるハンター試験を見事突破し、「世界一のハンター」になれるのか!? ゴンの奇想天外、壮大苛烈な冒険の旅が、今始まる!!


第1話「タビダチ×ト×ナカマタチ」
12歳のゴンは父と同じハンターになるため、育ての親であるミトさんとのある約束を果たし、ハンター試験の旅へと出た。試験会場へと向かう船で、ゴンは同じハンター志願者のレオリオとクラピカに出会う。彼らはお互いを良く思わず、いざこざが始まってしまい・・・。

原作漫画、既読。

以前アニメ化された際も、視聴していました。

原作が終わっていないので、またやるかな~とは

思っていましたが。

久しぶりに動いている、ゴンやレオリオ、クラピカが見れて

懐かしかったです。


以前放送していたものより、作画が綺麗な印象。

そして、テンポがよくなっていたというか、

原作で内容を知っていても、楽しめました。


声優さんは、大幅に変更されましたが、違和感なし。

・放送情報
日本テレビ、ミヤギテレビ、熊本県民テレビ:10/2(日) 10:55~
テレビ信州:10/6(木) 26:03~
南海放送:10/8(土) 5:59~
秋田放送:10/8(土) 25:48~
札幌テレビ、福島中央テレビ:10/9(日) 7:30~
福岡放送:10/9(日) 25:20~
四国放送:10/10(月) 24:59~
山口放送:10/10(月) 25:59~
西日本放送:10/10(月) 26:04~
ytv:10/10(月) 27:14~
日本海テレビ:10/11(火) 26:04~
福井放送:10/12(水) 25:00~
広島テレビ:10/12(水) 25:34~
山形放送:10/13(木) 16:00~
テレビ金沢:10/17(月) 16:22~
テレビ大分:10/17(月) 25:59~
テレビ岩手:10/18(火) 15:55~
中京テレビ:10/19(水) 26:15~
青森放送:10/22(土) 25:20~
長崎国際テレビ:10/22(土) 25:40~
北日本放送:10/24(月) 25:30~
テレビ新潟:10/26(水) 25:29~
静岡第一テレビ:10/26(水) 25:34~
山梨放送:10/26(水) 深夜
鹿児島読売放送:10/28(金) 25:53~

・スタッフ
原作:冨樫義博
監督:神志那弘志
シリーズ構成:前川淳
キャラクターデザイン:吉松孝博
アニメーション制作:マッドハウス
制作著作:バップ、日本テレビ、集英社、マッドハウス

・キャスト
ゴン=フリークス:潘めぐみ
キルア=ゾルディック:伊瀬茉莉也
レオリオ:藤原啓治
クラピカ:沢城みゆき
ヒソカ:浪川大輔


それは、取り戻すための戦い。

・作品概要
TYPE-MOONの人気ゲーム「Fate/stay night」のスピンオフ小説「Fate/Zero」をアニメ化。TYPE-MOONとニトロプラスのコラボ作品であり、著者は「魔法少女まどか☆マギカ」でもその手腕を発揮したニトロプラスのライター・虚淵玄。舞台は「Fate/stay night」の10年前で、「第四次聖杯戦争」の内容が語られている。

・あらすじ(公式サイトより)
奇跡を叶える『聖杯』の力を追い求め、七人の魔術師<マスター>が七人の英霊<サーヴァント>を召喚し、最後の一人になるまで戦いを繰り広げる究極の決闘劇……聖杯戦争。三度、決着を先送りにされたその闘争に、今また4度目の火蓋が切って落とされる。
それぞれに勝利への悲願を託し、冬木と呼ばれる戦場へと馳せ参じる魔術師たち。だがその中でただ独り、己の戦いに意味を見出せない男がいた。
彼の名は――言峰綺礼。
運命の導きを解せぬまま、綺礼は迷い、問い続ける。なぜ令呪がこの自分に授けられたのか、と。だが戦いの運命は、やがて綺礼を一人の宿敵と巡り合わせることになる。
それが――衛宮切嗣。
誰よりも苛烈に、誰よりも容赦なく、奇跡の聖杯を求め欲する男だった。

前評判の高さに応える、クオリティ。

そのストーリーの重厚感は、他アニメと一線を画す。


今回は、「召喚」までの経緯を描く内容でしたね。

衛宮切嗣、遠坂時臣、間桐雁夜など、各キャラクター

について描かれていましたが…

個人的には、葵の娘・桜を取り戻すために、望まぬ戦い

に身を投じた、間桐雁夜を応援したくなりました。

蟲に耐えて、身体にダメージを受けて、寿命を縮めて…

足を引きずるその姿は、見ているのが辛かったです。


ウエイバーは、浪川さんの軽快な喋りが印象に残りました。

後で苦労するタイプでしょうか?


とりあえず、今期の軸候補のアニメ…という印象です。


・放送情報
TOKYO MX:10/1(土) 24:00~
とちぎテレビ:10/1(土) 24:00~
群馬テレビ:10/1(土) 24:00~
テレ玉:10/1(土) 25:35~
テレビ愛知:10/1(土) 25:50~
MBS:10/1(土) 26:28~
チバテレビ:10/2(日) 25:00~
tvk:10/2(日) 25:00~
テレビ北海道:10/4(火) 26:00~
TVQ九州放送:10/5(水) 25:43~
BS11:10/7(金) 24:00~
キッズステーション:10/14(金) 24:00~

・スタッフ
原作:虚淵玄(ニトロプラス)、TYPE-MOON
監督:あおきえい
キャラクター原案:武内崇
キャラクターデザイン:須藤友徳、碇谷敦
音楽:梶浦由記
アニメーション制作:ufotable

・キャスト
衛宮切嗣:小山力也
セイバー:川澄綾子
アイリスフィール:大原さやか
遠坂時臣:速水奨
アーチャー:関智一
言峰綺礼:中田譲治
アサシン:阿部彬名
ケイネス・エルメロイ・アーチボルト:山崎たくみ
ランサー:緑川光
ウェイバー・ベルベット:浪川大輔
ライダー:大塚明夫
雨生竜之介:石田彰
キャスター:鶴岡聡
間桐雁夜:新垣樽助
バーサーカー:置鮎龍太郎


☆あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

ストーリー…5点

キャラクター性…4点

画…4点

演出…4点

音楽…5点

総合的な評価…5点

☆神のみぞ知るセカイⅡ

ストーリー…3点

キャラクター性…5点

画…4点

演出…3点

音楽…4点

総合的な評価…3点

☆GOSICK -ゴシック-

ストーリー…4点

キャラクター性…3点

画…5点

演出…5点

音楽…3点

総合的な評価…4点

☆[C] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL

ストーリー…3点

キャラクター性…3点

画…3点

演出…3点

音楽…2点

総合的な評価…3点

☆電波女と青春男

ストーリー…2点

キャラクター性…3点

画…4点

演出…2点

音楽…3点

総合的な評価…3点

☆緋弾のアリア

ストーリー…2点

キャラクター性…3点

画…4点

演出…2点

音楽…2点

総合的な評価…2点

☆そふてにっ

ストーリー…3点

キャラクター性…4点

画…2点

演出…4点

音楽…3点

総合的な評価…3点



☆ベストキャラクター賞

ハクア(神のみぞ知るセカイⅡ)


☆ベストOP賞

恋の道程/(kanon×kanon)



☆ベストED賞

secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない)



☆ベスト声優賞・男性

入野自由


☆ベスト声優賞・女性

戸松遥


・作品概要
角川スニーカー文庫の同名ライトノベルをアニメ化。作者の三雲岳斗の作品としては電撃文庫から刊行されていた「アスラクライン」もアニメ化されている。なお、テレビ東京では放送開始前週の7月8日深夜に特番が放送される。

・あらすじ
主人公の青年・ヒューイはかつて所領の半分を1冊の稀覯本と交換したほどのビブリオマニア(蒐書狂)である祖父が亡くなり、その遺品整理のために屋敷を訪れる。そこにいたのは胸に大きな錠前を付けた透き通るような白い肌に漆黒のドレスをまとう小柄で幼い少女・ダリアンだった。だがしかし、彼女こそ数々の「幻書」を納めた生きた書架、悪魔の叡智を封印する「ダンタリアンの書架」そのものだったのだ。

・放送情報
テレビ東京:7/15(金) 25:23~
テレビ愛知:7/18(月) 25:30~
テレビ大阪:7/19(火) 25:30~
テレビせとうち:7/20(水) 25:18~
TVQ九州放送:7/20(水) 25:43~

・スタッフ
監督:上村泰
キャラクターデザイン:木野下澄江
衣装デザイン:BABY,THE STARS SHINE BRIGHT、ALICE and the PIRATES
色彩設計:高星晴美、竹澤聡
撮影監督:赤松康裕
編集:田村ゆり
音響監督:岩浪美和
音楽:辻陽
アニメーション制作:GAINAX
製作:ダンタリアンの書架製作委員会

・キャスト
ダリアン:沢城みゆき
ヒューイ:小野大輔





脚本:砂山蔵澄/絵コンテ・演出:むらた雅彦/作画監督:木野下澄江


前世紀初頭。古今東西の珍しい書籍をあさる蒐集家、いわゆるビブリオマニアの祖父を持つヒューイは、その祖父の死により、古ぼけた屋敷とそこに納められた蔵書のすべてを引き継いだ。「書架を引き継げ」という祖父からの遺言を確かめるべく、屋敷を訪れたヒューイは、うず高く本の積まれた地下室で、漆黒のドレスに身を包んだ一人の美しい少女と出会う――。


<ゲストキャラクター>
ヒューイ(幼少期):花澤香菜


ヒューイとダリアンの出会い。

そんな初回でしたね。


2人のポジションとか、作品の雰囲気が、

「GOSICK」に似ているような印象を受けました。


小野D、こういう役が似合いますね。

やっぱり、声がカッコいいw

AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。