2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲間を守る力。


銀の福音と箒たちヒロインの激戦が続く中、昏睡状態の一夏は不思議な少女の夢を見る。
「力を欲しますか?」一夏がその問いに答えた時、白式の第二形態「雪羅」が発動する!
福音戦最終決戦、果たしてその結末は……。



ヒロインチームが苦戦する中、主人公が奇跡の復活を遂げ、

敵を殲滅、大団円…という最終回。


まあ、箒の姉・束の自作自演だったみたいですけどね。

一夏が男なのにIS乗れたり、銀の福音動かして箒を実戦デビュー…

黒幕だったわけですか。


高速戦闘場面は、確かに動きが凄い。

ただ、それに至るまでのストーリーが弱いので、

バランスが悪く、感動が薄れる。


相変わらず、一夏は戦闘センスが無い。

今回も、過去の反省を生かせず、エネルギー切れ。

箒がアビリティ(?)とか、視聴者を置いてけぼりに

する謎設定を唐突に叫びだし、エネルギー回復役になった

ので、一夏はフル充電できましたが…。

「あたえられたエネルギーで効率良く戦う」のは、

戦士の基本。

もう、そういうのは一夏に求めちゃダメなのかな。


「第2形態」とか、ツッコミたいですね。

敵もそうなって、一夏もそれに対応するとか、

ご都合主義にしか思えない。

なんで? どうして? このタイミングで?

という説明を、視聴者にしてほしい。


最後は、全員無事で、帰還。

海岸で、箒と一夏がいいムード…を残りの

ヒロインが邪魔してEND。


はい、というわけで、総括。

メカ戦闘はあるものの、内容は完全な

ハーレムアニメでしたね。

メインキャラは、普段スポーツ感覚でISを使用してるのに、

時々来る任務はどう考えても一流軍人がやるべき内容…

というのが、不自然な設定で最後まで納得できませんでした。


シャル人気で、ネットでは一時盛り上がりましたが…

自分的には、セシリアとかのほほんさんが印象に残りましたね。

今回も、チラっとですけど、のほほんさんがいい味出してました。


以上で、ISの記事は終了です。

記事を読んでくださった方、TBを送ってくれた方。

みなさん、ありがとうございました。


IS<インフィニット・ストラトス>声優
織斑一夏:内山昂輝
篠ノ之箒:日笠陽子
セシリア・オルコット:ゆかな
凰鈴音(ファン・リンイン):下田麻美
シャルル・デュノア:花澤香菜
ラウラ・ボーデヴィッヒ:井上麻里奈
織斑千冬:豊口めぐみ
山田真耶:下屋則子
篠ノ之束:田村ゆかり
五反田蘭:小幡記子
五反田弾:保村真


原作 : 弓弦イズル(MF文庫J/メディアファクトリー刊)
原作イラスト : okiura
監督 : 菊地康仁
シリーズ構成・脚本 : 志茂文彦
脚本 : 冨岡淳広・北条千夏
キャラクターデザイン
・総作画監督 : 倉嶋丈康
メカニックデザイン : 高倉武史
CGIアニメーション監督 : 井野元英二
美術監督 : 吉原俊一郎(美峰)
美術設定 : 塩澤良憲(美峰)
色彩設計 : 中山久美子
撮影監督 : 荒幡和也
編集 : 木村佳史子
音響監督 : 三間雅文・中嶋聡彦
音響制作 : テクノサウンド
音楽 : 七瀬光
音楽制作 : ランティス
アニメーション制作 : エイトビット

スポンサーサイト

らしくない?

(今回、かなり辛い批評になってます)


脚 本 : 冨岡淳広
絵コンテ : 菊地康仁
演 出 : 米田和博
作画監督 : 皆川一徳
一夏と箒は、暴走IS「銀の福音」の撃墜へと向かった。
しかし、専用IS「紅椿」を手に入れたばかりの箒は力の使い方を見誤り、一夏に大怪我を負わせてしまう。
強さとは何かを見失った箒は、もうISは使わないと心に決めるが……。


ようやく、箒がヒロインらしい役回りをした…

そんなお話。


暴走ISを止めるため、一夏&箒が組んで…見事に、任務失敗。

なんか、基本的に相性が悪い気がするのは、気のせいですか?


まず、「2人とも近距離戦闘型」ってのが被ってるし、

「サポートに徹する」っていうキャラでも性格でもない。

2人とも「自分が、自分が」っていうファイターですよね。

あるとすれば「超強力合体同時攻撃」くらいかなあ?

「ドラクラ」でいえば、エンゲージみたいな。


「サポート」って意味では、シャルが優秀でしたよね。

一夏と組んでいた時は、上手く機能していました。


今回、失敗したのは、箒のせいばかりではないと思います。

一夏の「甘さ」は、実際の戦場では命取りです。

アニメでは、視聴者やスポンサーがいるので、倫理観ある

内容にしなければならないのは、理解できるのですが…

「警告を無視した密漁船をかばって、任務失敗」は、

美談かもしれませんが、「戦士」としては失格です。


まずは与えられた任務が最優先であり、パートナーである

箒が囮になってチャンスを作ったのですから、独断の行動

禁物。

一夏だけが危険ならいいのですが、チャンスを逃したことで、

敵に反撃のチャンスを与えてしまい、箒の命まで危険に晒しました。

ですから、あそこで一夏が箒を守るのは、当然。

自分の行動が招いたピンチで、人に迷惑をかけてはいけない。


彼の主張する「らしくない」は、彼の中の正義感であり、

どうしても正当化したいのであれば

「密漁船も箒も守って敵に勝つ力」

を示す、あるいは持っていることで、許されると思います。

考えは立派かもしれませんが、彼にはそんな実力がなかった。

彼の姉なら、それが可能なんでしょうけどね。

「力なき正義は無力」。


しかし、ややこしいのは箒が「一夏の優しさ」に惚れているっぽいこと。

過去に、いじめられていたのを、助けられている回想シーンありました。

「戦士」としては、敵を倒すことを優先する箒の考えが正しいのですが、

優しい一夏と一緒にやっていく、彼の考えに合わせて生きていく…

そうであれば、今回のケースは避けられない事態。

これからも、こういうことはあるでしょうね。


結局、「自分せいで一夏が重症」と落ち込む箒に、鈴たちが渇を

入れて、メイン女子キャラ総員出撃!

一夏抜きで、敵を倒すことに…

この「待機命令無視」な行動は、千冬姉にとって想定の範囲内

だったみたいなので…いいのかな?

本来なら、軍法会議ものですけどねw

ああ、軍じゃないからいいのかw



IS<インフィニット・ストラトス>声優
織斑一夏:内山昂輝
篠ノ之箒:日笠陽子
セシリア・オルコット:ゆかな
凰鈴音(ファン・リンイン):下田麻美
シャルル・デュノア:花澤香菜
ラウラ・ボーデヴィッヒ:井上麻里奈
織斑千冬:豊口めぐみ
山田真耶:下屋則子
篠ノ之束:田村ゆかり
五反田蘭:小幡記子
五反田弾:保村真


原作 : 弓弦イズル(MF文庫J/メディアファクトリー刊)
原作イラスト : okiura
監督 : 菊地康仁
シリーズ構成・脚本 : 志茂文彦
脚本 : 冨岡淳広・北条千夏
キャラクターデザイン
・総作画監督 : 倉嶋丈康
メカニックデザイン : 高倉武史
CGIアニメーション監督 : 井野元英二
美術監督 : 吉原俊一郎(美峰)
美術設定 : 塩澤良憲(美峰)
色彩設計 : 中山久美子
撮影監督 : 荒幡和也
編集 : 木村佳史子
音響監督 : 三間雅文・中嶋聡彦
音響制作 : テクノサウンド
音楽 : 七瀬光
音楽制作 : ランティス
アニメーション制作 : エイトビット

これは訓練ではなく、実戦。


旅館での夜。温泉あり、わさびあり、怪しい(?)マッサージありと、臨海学校を満喫する一夏たち。

一夜明け、実習訓練にIS専用機持ちだけが集められ、その中には箒の姿もあった。
そこへ、IS開発天才博士にして箒の実姉である篠ノ之束が登場し、ついに箒の専用IS「紅椿」をお披露目する。
その驚異的なスペックに唖然とする一同。

その時、試験稼働中のIS「銀の福音」が暴走したとの連絡が入り……。



前半Aパートは、恋愛中心。

セシリアが目立ってましたね。

わさびを全部食べたシャルにスポット?

と思わせておいての、セシリア。

一夏の隣の席をGETしたり、刺身を食べさせイベント、

勝負下着…とセシリア猛進。


一夏が姉のマッサージをしてた辺りは、また千冬姉無双

が来て、一夏の興味が姉に…と思ったのですが、ちゃんと

セシリアも一夏マッサージ受けれてよかったですね。


後半Bパートは、雰囲気変わって戦闘モード。

ヒロイン・箒の専用機「紅椿」がベールを脱ぐ。

第4世代機は、武器もスピードもハンパない。

箒の能力がどう…というより、性能が凄いというか…


暴走している無人ISを、次回止めるよ!

という場面でEND。

次回、一夏が箒と組んで、止めるんでしょうか?



しかし、箒の姉・束はテンション高いですね。

ギャグが寒くてシーンとなっても、気にしないのが、

最強ですw


IS<インフィニット・ストラトス>声優
織斑一夏:内山昂輝
篠ノ之箒:日笠陽子
セシリア・オルコット:ゆかな
凰鈴音(ファン・リンイン):下田麻美
シャルル・デュノア:花澤香菜
ラウラ・ボーデヴィッヒ:井上麻里奈
織斑千冬:豊口めぐみ
山田真耶:下屋則子
篠ノ之束:田村ゆかり
五反田蘭:小幡記子
五反田弾:保村真


原作 : 弓弦イズル(MF文庫J/メディアファクトリー刊)
原作イラスト : okiura
監督 : 菊地康仁
シリーズ構成・脚本 : 志茂文彦
脚本 : 冨岡淳広・北条千夏
キャラクターデザイン
・総作画監督 : 倉嶋丈康
メカニックデザイン : 高倉武史
CGIアニメーション監督 : 井野元英二
美術監督 : 吉原俊一郎(美峰)
美術設定 : 塩澤良憲(美峰)
色彩設計 : 中山久美子
撮影監督 : 荒幡和也
編集 : 木村佳史子
音響監督 : 三間雅文・中嶋聡彦
音響制作 : テクノサウンド
音楽 : 七瀬光
音楽制作 : ランティス
アニメーション制作 : エイトビット

ライバルが多いと、嫌になりますよね。


臨海学校を直前にして、水着を買いにショッピングモールへと来た一夏とシャル。
まるでデートのような状況にときめくシャルの後ろを、鋭い目つきで尾行する鈴・セシリア・ラウラの姿があった。
一方で、箒は自分も専用ISを手にしたい思いが募り、因縁深きとある人物へと電話を掛ける。
それぞれの想いが交錯する中、水着だらけの臨海学校が幕を開ける!


Aパートは、一夏がシャルと水着を買いに行く

のがメインでしたね。

シャルは、2人っきりなことに喜んでましたが、

「ついで」とか言われたり、一夏が恋愛感情をまるで

なしなことに、かなり苦しんでました。

これは、前回までの「シャルル無双」とかなりギャップ

があり、ここに来て彼女の快進撃にも「待った」

がかかった印象。

やはり、シャルほどのキャラを持ってしても、一夏

を恋愛モードに切り替えさせるのは、相当難儀な様子。


前回までの「シャルル無双」は、シャルが「女性であることを

隠さなければならない」という、一夏との秘密の「共同戦線」

が大きな要因であったことは、周知の事実。

「1人の女の子」として、セシリアたちと対等の立場で勝負

しなければいけなくなると、シャルにアドバンテージがないため、

今回のように愚痴が増えてしまうのでしょうね。


さて、「来るぞ来るぞ」と言われていた、ラウラのデレ。

なるほど、こういうレベルですか。

一夏に有効というよりは、視聴者に有効というか…

固定ファンが増えそうな、デレでしたね。


まあ、それはシャルも同じでしたけど。

試着室で、一夏を引っ張り込んで着替えるシーンは、

ファンへのアピールとして申し分ないか、と。


後半、海。

セシリアが、久々に目立ってましたね。

オイルのシーンは、大人っぽい魅力で勝負する、

彼女の見せ場であり、ゆかなさんの勝負ポイントでもあります。


鈴の、「足つって溺れる」は、一夏へのアピールになったのかな?


ビーチバレー、のほほんさんが目だっていて、驚きました。

着ぐるみで夏の砂浜は、絶対暑いですよね。


あと、一夏が千冬姉の水着見て、赤くなってましたね。

やっぱり、あれだけ女性に興味ないのは、姉が好きだから?

シャルが、鋭くそこを指摘してましたね。

原作では、千冬の方も、もう少し弟好きっぽい

描写があるらしい、とは聞きますが…

あまりアニメでは、2人の関係って強調されませんよね。


さて、最後は、ヒロインのはずの箒。

今回、最初と最後に出たっきり、出番少なかったですね。

海では、1人単独行動していたようで、一夏と絡みなし。

どうも、姉から送られる予定の、専用ISが気になる様子。

そんな感じで、END。


次回は、箒の姉が姿を現し、箒専用ISが登場?


IS<インフィニット・ストラトス>声優
織斑一夏:内山昂輝
篠ノ之箒:日笠陽子
セシリア・オルコット:ゆかな
凰鈴音(ファン・リンイン):下田麻美
シャルル・デュノア:花澤香菜
ラウラ・ボーデヴィッヒ:井上麻里奈
織斑千冬:豊口めぐみ
山田真耶:下屋則子
篠ノ之束:田村ゆかり
五反田蘭:小幡記子
五反田弾:保村真


原作 : 弓弦イズル(MF文庫J/メディアファクトリー刊)
原作イラスト : okiura
監督 : 菊地康仁
シリーズ構成・脚本 : 志茂文彦
脚本 : 冨岡淳広・北条千夏
キャラクターデザイン
・総作画監督 : 倉嶋丈康
メカニックデザイン : 高倉武史
CGIアニメーション監督 : 井野元英二
美術監督 : 吉原俊一郎(美峰)
美術設定 : 塩澤良憲(美峰)
色彩設計 : 中山久美子
撮影監督 : 荒幡和也
編集 : 木村佳史子
音響監督 : 三間雅文・中嶋聡彦
音響制作 : テクノサウンド
音楽 : 七瀬光
音楽制作 : ランティス
アニメーション制作 : エイトビット

お前は、私にはなれないぞ。


脚 本 : 冨岡淳広
絵コンテ : 福田道生
演 出 : 吉沢俊一
作画監督 : 松田寛
学年別トーナメントの第一試合の組み合わせは、一夏・シャル組VS箒・ラウラ組だった。
ラウラの専用ISシュヴァルツェア・レーゲンに装備された第三世代型特殊装備に対し、一夏・シャル組は抜群のコンビネーションでラウラを追い詰めていく。ラウラの中で力への想いが極限に達した時、シュヴァルツェア・レーゲンから激しい放電が走り、その形が禍々しく歪み始める……。


ネットラジオ番組で、前回の内容を討論した際、

「このトーナメントは、最後まで開催されないのではないか」

と、管理人は発言しました。

理由は「1回戦が決勝戦」だから。

このカードが、「ラウラ&シャルル紹介回」の総決算であり、

一夏とラウラの最終決戦だと、思っていたからです。

つまり、他の対戦カードは、本筋に関係ないので描写しない。

実際、その通りになりましたね。


…しかし、残念だったのは、箒の立場です。

序盤であっさりシャルルに「戦闘不能」に追い込まれるという…

4人の仲で、1人だけ戦闘レベルが低すぎる件。

一夏に、ほとんど何もアピールできてないですよね。


一方、シャルルは大活躍で、一夏を援護していました。

おまけに、最後は女子だと公開してしまうし…

大浴場でも、一夏に女の子アピール。

正に「正妻」という感じ。


ラウラは、やっぱり遺伝子操作されていた。

これも、ラジオ番組で議論していた予想通りで、

驚きはしませんでした。

彼女が一夏を憎む理由も、詳細明らかになりましたね。


優秀な軍人→ISでは落ちこぼれ→千冬のおかげで優秀


その千冬がデレを見せる唯一の存在、一夏。

「そんな教官は見たくない」と。


まあ、でもね。

AIC(敵の動きを止めるバリヤー的なもの)は、

「1体しかダメ」ってことが、一夏に気づかれてしまい、

シャルルとのコンビネーションにより、敗北。

その後、VT(バルキリートレース)システム

起動して再度戦うも、一夏の「腕だけ」

零落白夜の前に機能停止。

彼女自身は、VTがISに組み込まれてるのは、知らなかったらしい。

VTシステムは、IS条約違反だそうです。


で、最後は一夏にキス、ですか。

いくら、姉と弟の考え方が似てるからって…

やっぱり、この作品のデレは唐突な印象、否めないなあ。

END。



情報量が豊富で、飽きない構成にはなっていましたね。

「任せろ!」とカッコよく決めておきながら、あっさり

倒れる主人公…あれはギャグなんでしょうか?

戦闘場面が多かったので、まずまずだったと思います。


IS<インフィニット・ストラトス>声優
織斑一夏:内山昂輝
篠ノ之箒:日笠陽子
セシリア・オルコット:ゆかな
凰鈴音(ファン・リンイン):下田麻美
シャルル・デュノア:花澤香菜
ラウラ・ボーデヴィッヒ:井上麻里奈
織斑千冬:豊口めぐみ
山田真耶:下屋則子
篠ノ之束:田村ゆかり
五反田蘭:小幡記子
五反田弾:保村真


原作 : 弓弦イズル(MF文庫J/メディアファクトリー刊)
原作イラスト : okiura
監督 : 菊地康仁
シリーズ構成・脚本 : 志茂文彦
脚本 : 冨岡淳広・北条千夏
キャラクターデザイン
・総作画監督 : 倉嶋丈康
メカニックデザイン : 高倉武史
CGIアニメーション監督 : 井野元英二
美術監督 : 吉原俊一郎(美峰)
美術設定 : 塩澤良憲(美峰)
色彩設計 : 中山久美子
撮影監督 : 荒幡和也
編集 : 木村佳史子
音響監督 : 三間雅文・中嶋聡彦
音響制作 : テクノサウンド
音楽 : 七瀬光
音楽制作 : ランティス
アニメーション制作 : エイトビット

AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。