2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離れるものか。


脚本:岡田麿里/絵コンテ:和田純一 三條なみみ/演出:和田純一/作画監督:松田剛吏 富岡隆司
ロスコーと共に、ブロワ侯爵の追っ手から逃げ続けるヴィクトリカ。その姿にコルデリアを重ねたロスコーは、やがて心の丈を、過去を静かに語り始める・・・。いっぽう、兵士として前線に赴き戦っていた一弥は、離れた場所からもヴィクトリカのことを想い続けていた。歴史の大きな流れによって、離ればなれになってしまった2人。やがて時代は春を迎える――。


最終回。

最後は、ヴィクトリカと久城が、戦後の

日本で幸せに…という、お話。


まず、序盤は、ブライアンとヴィクトリカの

因縁に、終止符。

1度は、ヴィクトリカを殺そうとした

ブライアン。

ヴィクトリカの命乞いが効果あった?

結局は、一緒に船に乗り…ブライアンは海に埋葬。


警部が、ヴィクトリカを見逃してくれたシーン、

よかったですね。

やっぱり警部はいい人だw


船上で、ヴィクトリカは、ブロワの死を知る。


一方、久城。

戦場で、両足を失ったような描写がありましたが。

最後は、無事に日本に帰還。


ヴィクトリカと久城は、日本で幸せに…END。


アブリル、海に投げた久城への手紙が、瓶ごと戻って

来るって…ギャグ要因?



では、2クールの総括。

すごく意外なのですが、「終わる」という

実感が凄くある最終回で、とても寂しいです。

そして、この最終回が、これまで放送されたどの話

よりも、クオリティが高かった。

「戦争」という悲劇が、「日本人と外人」な久城

とヴィクトリカを永遠に引き離す…のかと思いましたが、

そうはならずにハッピーエンド。

素晴らしいラストだったと思います。


ただ、アブリルの扱いが酷いw

彼女が可哀想すぎます。

彼女だって、本当に真剣に久城を愛していたんです。

アブリルにも、幸せになる権利はあるはずだ!

どうか、彼女の未来に、幸あらんことを…。


以上で、「GOSICK」の記事は終了です。

2クールの長い間、記事を読んでくださった皆さん、

TBを送信してくださった方、ありがとうございました!


また、別のアニメでお会いしましょう!




原作 桜庭一樹 (角川文庫刊)
キャラクター原案 武田日向

監督 難波日登志
シリーズ構成 岡田麿里
キャラクターデザイン 川元利浩・富岡隆司
総作画監督 富岡隆司

デザインワークス 竹内志保
美術監督 近藤由美子
色彩設計 岩沢れい子
ビジュアルコーディネーター 京田知己

撮影監督 古本真由子
編集 定松 剛

音響監督 原口 昇
音響効果 倉橋静男
音楽 中川幸太郎
音楽制作 日本コロムビア

アニメーション制作 ボンズ
製作 GOSICK製作委員会

オープニングテーマ 「Destin Histoire」yoshiki*lisa
エンディングテーマ 「Resuscitated Hope」コミネリサ

ヴィクトリカ 悠木 碧
久城一弥 江口拓也
アブリル 下屋則子
グレヴィール 木内秀信
セシル先生 鹿野優以
コルデリア・ギャロ 沢城みゆき
ブライアン・ロスコー 大川透
ゾフィ 根谷美智子

スポンサーサイト


脚本:岡田麿里/絵コンテ:タムラコータロー/演出:中村里美/作画監督:田中誠輝 三輪和宏
オカルト省の地下に囚われたヴィクトリカ。折しも、ヨーロッパには2度目の世界大戦の嵐が吹き荒れ始めていた。戦争を望むブロワ侯爵は、ヴィクトリカをソヴュールの未来を占う「モンストル・シャルマン」として利用し、国王や民衆を操り動かしていく。ソヴュール、そして世界全体が戦いへと向かうなか、ヴィクトリカは一人、一弥に貰ったペンダントを握りしめ続けていた。




原作 桜庭一樹 (角川文庫刊)
キャラクター原案 武田日向

監督 難波日登志
シリーズ構成 岡田麿里
キャラクターデザイン 川元利浩・富岡隆司
総作画監督 富岡隆司

デザインワークス 竹内志保
美術監督 近藤由美子
色彩設計 岩沢れい子
ビジュアルコーディネーター 京田知己

撮影監督 古本真由子
編集 定松 剛

音響監督 原口 昇
音響効果 倉橋静男
音楽 中川幸太郎
音楽制作 日本コロムビア

アニメーション制作 ボンズ
製作 GOSICK製作委員会

オープニングテーマ 「Destin Histoire」yoshiki*lisa
エンディングテーマ 「Resuscitated Hope」コミネリサ

ヴィクトリカ 悠木 碧
久城一弥 江口拓也
アブリル 下屋則子
グレヴィール 木内秀信
セシル先生 鹿野優以
コルデリア・ギャロ 沢城みゆき
ブライアン・ロスコー 大川透
ゾフィ 根谷美智子



主よ、アブリルに救いの手を…

脚本:岡田麿里/絵コンテ:福田道生/演出:大西景介/作画監督:堀川耕一 宮前真一
学園では仮装クリスマスパーティが行われていた。一弥に着せようとセシルが屋根裏部屋から取り出した衣装は、ピンクのドレスとうさぎの着ぐるみ。それは「モンストル・シャルマン」という御伽噺のものだった。それぞれの衣装を身に着けたヴィクトリカと一弥は笑顔でパーティに向かう。しかし、2人の間には大きな風が吹き抜けようとしていた・・・。


久城が人質になったので、ヴィクトリカが

他人の言いなりになりますよ!

そんな、お話。


クリスマス。

久城はヴィクトリカのことしか考えておらず、

ヴィクトリカもまた同様。

アブリルさん、可哀想すぎる。


戦争が始まると、日本に帰れなくなるから、

今の内に本国へ強制送還?

感謝しなきゃダメだよ、久城。

さっさと日本へ帰りなよ。


…あれあれ? 脱走しちゃったよ。

もう祖国よりも、ヴィクトリカへの愛情が

上回ってしまったんですね。

なんか、フラクタルの主人公と同じに見えて来た…


久城の兎の着ぐるみ姿は、誰得なんだろう?

プレゼントがペンダントなのはいいけど、

渡せなかったからってアブリルに

「ヴィクトリカに渡して」は無神経すぎる。

少しは、アブリルの気持ちも考えてあげなよ。

どんだけ鈍感なんだよ。


そして、結局本国へ帰らなかったせいで、

人質にとられて、ヴィクトリカに迷惑をかける。

久城には、死神か疫病神の称号がふさわしいですね。

関わった人に、災いをもたらす。



原作 桜庭一樹 (角川文庫刊)
キャラクター原案 武田日向

監督 難波日登志
シリーズ構成 岡田麿里
キャラクターデザイン 川元利浩・富岡隆司
総作画監督 富岡隆司

デザインワークス 竹内志保
美術監督 近藤由美子
色彩設計 岩沢れい子
ビジュアルコーディネーター 京田知己

撮影監督 古本真由子
編集 定松 剛

音響監督 原口 昇
音響効果 倉橋静男
音楽 中川幸太郎
音楽制作 日本コロムビア

アニメーション制作 ボンズ
製作 GOSICK製作委員会

オープニングテーマ 「Destin Histoire」yoshiki*lisa
エンディングテーマ 「Resuscitated Hope」コミネリサ

ヴィクトリカ 悠木 碧
久城一弥 江口拓也
アブリル 下屋則子
グレヴィール 木内秀信
セシル先生 鹿野優以
コルデリア・ギャロ 沢城みゆき
ブライアン・ロスコー 大川透
ゾフィ 根谷美智子



入れ替わっていたのだよ。


脚本:根元歳三/絵コンテ:数井浩子/演出:清水久敏/作画監督:青野厚司
一弥によって助け出されたヴィクトリカは、王妃殺しの真相を突き止めようと、決意も新たにかつて踊り子だった女性の墓を暴く。そこに眠っていたある重大な混沌の欠片を得たヴィクトリカは、今まさに上演されているものとは違う、もう一つの王妃ココ・ローズをめぐる物語を語り始めるのだった…。


「首無し死体」は、ミステリ世界において、

別人の死体と入れ替えるための、常套手段。


ココ・ローズも影武者とか、入れ替わりトリック

を使っていたようですね。


ヴィクトリカは、謎を解いたので、学園に戻る

許しが出ました。


一応、めでたし、めでたし。


原作 桜庭一樹 (角川文庫刊)
キャラクター原案 武田日向

監督 難波日登志
シリーズ構成 岡田麿里
キャラクターデザイン 川元利浩・富岡隆司
総作画監督 富岡隆司

デザインワークス 竹内志保
美術監督 近藤由美子
色彩設計 岩沢れい子
ビジュアルコーディネーター 京田知己

撮影監督 古本真由子
編集 定松 剛

音響監督 原口 昇
音響効果 倉橋静男
音楽 中川幸太郎
音楽制作 日本コロムビア

アニメーション制作 ボンズ
製作 GOSICK製作委員会

オープニングテーマ 「Destin Histoire」yoshiki*lisa
エンディングテーマ 「Resuscitated Hope」コミネリサ

ヴィクトリカ 悠木 碧
久城一弥 江口拓也
アブリル 下屋則子
グレヴィール 木内秀信
セシル先生 鹿野優以
コルデリア・ギャロ 沢城みゆき
ブライアン・ロスコー 大川透
ゾフィ 根谷美智子



墓地だ。

脚本:根元歳三/絵コンテ:京田知己/演出:京田知己/作画監督:山本尚志・阿部尚人
劇場ファントムで上演される『ソヴレムの青い薔薇』。それは、悲劇の王妃、ココ・ローズを描いたものだった。その王妃殺害事件の真相を暴くため、ブロワ侯爵によってヴィクトリカが劇場に連れてこられる。なぜ、彼らは王妃殺しの犯人を追うのか・・・?オカルト省の思惑が渦巻く場所で、ヴィクトリカに危機が迫る・・・!

冒頭から「ヴィクトリカー!」と絶叫&連呼する

久城のウザさがたまらないw

これまで、他ブロガーさんの記事に「久城ほどウザイキャラはいない」

という文章を見かけることが、よくあったのですが…

今回、それを実感させられました。


そして、そんな彼に負けじと、置いてあったヴィクトリカのケーキ

1人で全部食った先生も、今回ウザさというかKYぶり全開!

「久城嫌い!」とか…いや、興味ありませんよ、そんな真実w

だめだ、あの2人は最強のKYコンビw


ヴィクトリカが事件を解決するためには、久城が集めた欠片

が必要…って、「そんなんじゃダメなんです!」って本人に

言われると、警部もたまらないでしょうねw


ブライアンとかの活躍で、久城とヴィクトリカは合流。

さあ、俺たちの戦いは、これからだ!



原作 桜庭一樹 (角川文庫刊)
キャラクター原案 武田日向

監督 難波日登志
シリーズ構成 岡田麿里
キャラクターデザイン 川元利浩・富岡隆司
総作画監督 富岡隆司

デザインワークス 竹内志保
美術監督 近藤由美子
色彩設計 岩沢れい子
ビジュアルコーディネーター 京田知己

撮影監督 古本真由子
編集 定松 剛

音響監督 原口 昇
音響効果 倉橋静男
音楽 中川幸太郎
音楽制作 日本コロムビア

アニメーション制作 ボンズ
製作 GOSICK製作委員会

オープニングテーマ 「Destin Histoire」yoshiki*lisa
エンディングテーマ 「Resuscitated Hope」コミネリサ

ヴィクトリカ 悠木 碧
久城一弥 江口拓也
アブリル 下屋則子
グレヴィール 木内秀信
セシル先生 鹿野優以
コルデリア・ギャロ 沢城みゆき
ブライアン・ロスコー 大川透
ゾフィ 根谷美智子



AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。