fc2ブログ
2010 / 11
≪ 2010 / 10 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2010 / 12 ≫

本当に、ちょっとだけでも会いたかったの!


FLAG 6.0「ワタシ平凡?」

……必ず、私のファンになってもらうから!と、桂馬のため、屋上で歌うかのん。彼女の悩みを探るためあえて冷たい態度をとる桂馬だが、それに傷付いたかのんはショックで体が透明に!どうやら駆け魂が影響しているらしい…が、かのんの情報を調べていたエルシィは、彼女のある過去にたどり着く。そんな中、かのんの夢・鳴沢臨海ホールでのコンサート開催が刻一刻と迫る。

脚本:倉田英之/絵コンテ:熨斗谷充孝/演出:熨斗谷充孝/作画監督:鈴木ひろみ




どうやら、3話構成みたいですね。

今回は、桂馬とかのんの仲が進展して、

「お前らもう付き合っちゃえよ」

的な仲まで進展した…ように見えたが、かのんが失踪して終了。

そんなお話でした。


まず、エルシィがファンの人たちと親交を深め、ネットでは得られない

情報を入手。

かのんが以前所属していた「シトロン」というグループは、

かのんではなく、別の女の子を売り出すためのグループだったが、

かのんの方が人気が出て、他の2人は芸能界を引退。

そういう事情だったようですね。


これは、リアル芸能界でも、よくあることです。

アニメでも、ヒロインよりサブキャラの方が人気が出てしまい、

ヒロイン交代…なんてのは、よくある話ですがw


かのんは、そのことに罪悪感を感じていないのでしょうか?

今回は、引退した2人のことを思い出す描写はなかったですが…


彼女の回想シーンで描かれるのは、以前

「いるのかいないのかわからない存在」と周囲に扱われていた、

暗い過去。

トラウマになっているんですね。


声優のゆかなさんが、以前声優になった理由について聞かれて

「私はここにいるんだよ! って誰かに伝えたくて」

とコメントされていたのを、思い出しました(関係ないか?)


売れてトップアイドルになっても、何か満たされないんでしょうか?

今回、桂馬は「知らない」という姿勢を覆し、歌は褒めるわ、

メールで呼び出されれば、どこへでも駆けつけるわ、頭は撫でるわ…

と、かのんの精神的支えというか、どう見ても

彼氏的存在になってましたが…


かのんが生きていく上で、本当に小さな悩みでも相談したい相手に昇格し、

最終的には、冒頭でも書きましたが、「仕事のちょっとの空き時間だけでも

会いたい。特に話などしなくても、顔が見れればいい」という…あれは

恋人以外の何者でもない気がしますねw


そんな、「ワンピース」のG・ロジャー以上に、

この世のすべてを手に入れたかに思える

かのんですが…

次回、何がまだ足りないのか? 何を悩んでいるのか?

それを、桂馬が解決してくれるのでしょうね。



桂木桂馬:下野紘
エルシィ:伊藤かな恵
高原歩美:竹達彩奈
青山美生:悠木碧
中川かのん:東山奈央
汐宮 栞:花澤香菜
飛鳥 空:櫻井智


原作:若木民喜
(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:高柳滋仁
シリーズ構成:倉田英之
キャラクターデザイン:渡辺明夫
色彩設計:久保木裕一
美術監督:佐藤歩・都甲佳代子
撮影監督:山田和弘
編集:長坂智樹
音響監督:岩浪美和
音楽:松尾早人
アニメーション制作:マングローブ




スポンサーサイト



AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル