fc2ブログ
2010 / 11
≪ 2010 / 10 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2010 / 12 ≫

私、1人の為にずっと歌っても、よかったんだよ。


FLAG 7.0「Shining Star」

桂馬のフォローもあり、元気を取り戻したかに見えたかのんだが、コンサート開演直前に姿を消してしまった!! 慌てふためくスタッフ・必死にかのんを探す桂馬たちだが、もはやホールはかのんの失踪など何も知らないファンの熱気でいっぱい。その頃、会場のはずれで不安に押しつぶされそうになりながら一人佇む半透明なかのん。コンサートはどうなっちゃう…?桂馬、間に合うか!?

脚本:倉田英之/絵コンテ:小森秀人/演出:小森秀人/作画監督:小林雅美・諏訪真弘
若木民喜先生作詞曲「らぶこーる」
シトロン「恋、ヨロシクお願いします!」



自信を失ったアイドルを、主人公が励まし、

決意させて1人立ちさせる話。


…などと書いてはテンプレすぎてダメな回

に思われがちですが…いや、予想していたより出来はよかったです。

「アイドルを軸にしたストーリー」としては、平凡すぎるくらい平凡でしたが、

「桂馬とかのんの恋愛物語」という視点で考えると、予想以上にレベル

が高くて驚きました。


もちろん、それはかのんの過去…「シトロン」の失敗という、

悲劇を踏まえた上での感動であります。

残念なのは、「なぜシトロンは失敗したのか?」

「なぜかのんだけが、失敗ユニットからサルベージされて、単独で

あれだけの人気アイドルになれたのか?」という過程に、納得の

いく説明というか描写がないこと。

これがあれば、満点だったのですが…

ネットラジオで、この点を論議した時に、原作ファンの方から

「シトロンの描写は原作にほとんどない」という報告

を聞いています。

だから、アニメ制作側が頑張ってオリジナル要素を入れているのは、

見ていて理解できましたが…あれだけ入れるなら、

もっとオリジナルでもよかったと思います。



シトロンの残り2人から、会場に祝福の花束が贈られてきていた

のを、かのんが発見するシーン。

確かに感動的でしたが、なぜ残り2人は、妬みや嫉妬の感情なく

かのんを応援できるのか? という説明描写も欲しかった。



シトロンのエピソードはアニメオリジナル展開でいいので、

たっぷり描いてほしかったし、その時間もあったように思えます。

「たっぷり時間をかけた」のは、かのんの歌う場面なことは明白で、

それは販売促進のためですね、わかりますw


一方、桂馬に対するかのんの「依存症」というか、桂馬だけが自分をわかってくれる…

という恋愛描写は、キチンと描かれていてよかったと思います。

実際、リアル恋愛でも、かなり重要なポイントですからね。


桂馬は、これまでのヒロインと比較して、

かなりかのんの魅力に、ときめいていたように思いました。

赤面する描写が、非常に多い。

だがしかし、最後はまだライブ中だというのに、会場を後にするクールさ。

恋愛感情が芽生えても、桂馬にとっては「ミッションクリアー」のイベントの

1つに過ぎず、また違う攻略対象へと切り替える。

そういうことじゃないんですが

なにかこう、「男のダンディズム」みたいなものを感じるというか…

「ギャルゲーの神様」は、決して

1人を愛し、立ち止まったりはしないんですね。


ストーリーがテンプレで、最後の場面まで全部こちらの予想した展開

なのに、面白いと感じたのは…どういうことなのか?

演出、音楽、声優陣の迫真の演技力?


一応、今期の軸として視聴しているアニメなので、

その実力を見ることができて、安心しました。


「ざくろ」の方が完成度は高いのですが、「神のみぞ知るセカイ」には

ダイナミックな展開というか、荒削りな未知数のパワーがあり、

それを高く評価しています。


桂木桂馬:下野紘
エルシィ:伊藤かな恵
高原歩美:竹達彩奈
青山美生:悠木碧
中川かのん:東山奈央
汐宮 栞:花澤香菜
飛鳥 空:櫻井智


原作:若木民喜
(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:高柳滋仁
シリーズ構成:倉田英之
キャラクターデザイン:渡辺明夫
色彩設計:久保木裕一
美術監督:佐藤歩・都甲佳代子
撮影監督:山田和弘
編集:長坂智樹
音響監督:岩浪美和
音楽:松尾早人
アニメーション制作:マングローブ


スポンサーサイト



AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル