fc2ブログ
2010 / 11
≪ 2010 / 10 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2010 / 12 ≫

リアルはリアル、ゲームはゲームさ。


FLAG 8.0「Coupling with with with with」

神にーさまのため自慢の料理を振舞うエルシィ、だけど桂馬にはいつも不評。
今回も奇妙な“自走”する弁当を作り、こっぴどく怒られるはめに…。
盛大にヘコんだエルシィだが、ちひろのアドバイスでリベンジを決意!
いちごのショートケーキを作るため、彼女が取り出したのは、地獄の砂糖に
色とりどりの卵。その中には……。原作・若木民喜先生の脚本によるエピソード!!

脚本:若木民喜/絵コンテ:サトウ光敏/演出:サトウ光敏/作画監督:山口光紀・梅津茜/作画監督協力:小林雅美・川村敏江
エルシィが歌っていたFLAG 8.0劇中歌「Oh!まい☆GOD!!」
FLAG 8.0エンディング「コイノシルシ from Elsie」
着うた(R)、着うたフル(R)好評配信中!!



前半はAパートは、エルシィが桂馬のためにケーキを作る話。

そしてBパートは、桂馬や母親、教師の視点から同時間帯を

描く、時系列をバラバラにした技法で構成されていましたね。


正直、ちょっと頭が混乱しました。

「ああ、そうだったのか」と思わされる場面もありましたが、

ちょっとキャラ視点が多すぎた印象。

エルシィと桂馬の視点だけの、シンプルな構成の方が

よかったような気がします。


前半、エルシィの可愛いだろ!という

魅力を、ひたすら押す展開。

桂馬のために、努力するも…ドジ連発。

ドジっこは最強なんですね、わかりますw


キャラソンまで歌い出しちゃって、伊藤かな恵

パワー全開でしたね。作り手側のプッシュが凄いよ。

エルシィのキャラソンに関しては、ネットラジオでこの番組について語っていた時に、

話題に上がっていたので、「やっぱりね」という感じでした。



後半、桂馬とアゴの長い教師の戦いでしたね。

成績優秀だが、授業中もPFPでギャルゲーを

プレイする桂馬に、教師が怒りを覚えるのは、常識的に無理もありません。


しかし桂馬は、なぜ怒られるんだろう?という思考。

「やることはちゃんとやってるんだから、何をしてもいい」という、

俺流な考えは、某プロ野球チームの三冠王監督を

彷彿させるものがありましたw


「生意気だ」と目をつけられ、体育の授業では、イジメに近い扱いをされてましたね。

確かに、桂馬の弱点はあの辺りにありますから、教師もさすが大人です。

しかし、桂馬にも確かに問題はあるのですが、教師も酷いな。

犯罪者になるとか、桂馬の未来を決めつけちゃいけません。

何より、不快感を感じるというか、

どうも個人的に、あの教師は好きになれそうもないw

ゲームやアニメ好きな人を、異常者や犯罪者扱いする人間が、

リアル世界には確実に存在しますが…

区別できてる人は、ちゃんと両立して生きてるので、

ウザいこと言わずに、黙っていてほしいですよねw



家庭訪問をして、桂馬と母親に説教するつもりだったようですが、

エルシィが召喚してしまった魔物のおかげで、

家庭訪問は中止。

「エルシィも神にーさまの役に立ってるんだよ!」というエピソード…

だったんでしょうか?


ただ、なぜあの魔物は、教師ばかり狙うのか、

疑問に思ったのですが…そんなこと

気にしたら負けですよね?



桂木桂馬:下野紘
エルシィ:伊藤かな恵
高原歩美:竹達彩奈
青山美生:悠木碧
中川かのん:東山奈央
汐宮 栞:花澤香菜
飛鳥 空:櫻井智


原作:若木民喜
(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:高柳滋仁
シリーズ構成:倉田英之
キャラクターデザイン:渡辺明夫
色彩設計:久保木裕一
美術監督:佐藤歩・都甲佳代子
撮影監督:山田和弘
編集:長坂智樹
音響監督:岩浪美和
音楽:松尾早人
アニメーション制作:マングローブ

スポンサーサイト



AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル