fc2ブログ
2011 / 09
≪ 2011 / 08 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2011 / 10 ≫

誰でも、心のどこかで。


「未来を司る女神作戦(オペレーション・スクルド)」の概要を理解した岡部は、ラボへ戻って未来ガジェット「サイリウム・セーバー」を用意する。この内部には血糊が仕掛けられており、紅莉栖の血に見せようと考えたのだ。タイムマシンにはあと1往復ぶんの燃料しかなく、今回のタイムトラベルが最後のチャンスになる...


Steins;Gate 第24話(最終話) 「終わりと始まりのプロローグ」 - ひまわり動画.mp4_001417290

素晴らしい最終回。

ハッピーエンドで、文句無し。

前期開始から、2クール。

ずっと応援してきて、良かったと素直に思う。


原作人気の高さから「期待度No.1」だった、

「シュタインズ・ゲート」。

全話視聴できたことを、幸せに思います。

「神回」は、やはり岡部とクリスがキスした回でしょうね。

あの回が凄すぎて、最終回の感動が、少し「負けた」感があります。


最終回の、内容を振り返りましょうか。

これまでの失敗から得た経験。

今回の岡部は、「完璧」でした。


鈴羽と過去に戻り、メタルウーパーの件を処理した為、

クリスの父は、奪った書類が飛行機事故で燃えてしまい、

ロシアに亡命できなくなった。

だから、タイムマシンは開発されないし、

第3次世界大戦も起こらない。

鈴羽の願いは、これで成就。

「ありがとう」と感謝して、岡部とはお別れ。

「また、7年後に」。

なんて素敵な言葉でしょうw


そして、クリス。

岡部の自作自演、開始。

わざとクリスの父を挑発して、自分が刺される。

クリスをスタンガンで気絶させ、自分の血で、

「あの時と同じ状況」を作り上げる。

これで、ミッションコンプリート。


「クリスも、まゆりも生きている」

世界に、満足する岡部。

苦労は報われた。

彼女が、「あの3週間」を忘れてしまっていても、

生きてさえいてくれれば…なんて思っていたら、

出会ってしまいましたw

また、恋が始まるw

クリスにも、若干記憶はあるみたいですね。


まゆりとの三角関係…はどうなるのかと、

気にしていたのですが。

まゆりは、岡部とクリスを応援してくれるようです。


これで、「シュタインズ・ゲート」TV版は終了。

後は、劇場版とかゲームですか?

寂しいので、そっちにも手を出しますか!


素晴らしい作品を提供してくださった、スタッフ

の皆さんに感謝!

そして、「シュタインズ・ゲート」の記事を読み、

コメントやTBしてくださった、訪問者の皆様にも

感謝です!

また別の作品でも、よろしくお願いします!


シリーズ構成:花田十輝
キャラクターデザイン、総作画監督:坂井久太
プロップデザイン:コレサワシゲユキ、中村和久
美術設定:金平和茂(草薙)
美術監督:衛藤功二
色彩設計:佐藤美由紀(Wish)
特殊効果:垣田由紀子
3DCG:相馬洋
撮影監督:中村圭介
編集:後藤正浩
音響監督:藤山房伸
音楽:阿保剛、村上純
アニメーション制作:WHITE FOX

・キャスト
岡部倫太郎:宮野真守
牧瀬紅莉栖:今井麻美
椎名まゆり:花澤香菜
橋田至:関智一
阿万音鈴羽:田村ゆかり
フェイリス・ニャンニャン:桃井はるこ
漆原るか:小林ゆう
桐生萌郁:後藤沙緒里

OP:いとうかなこ「Hacking to the Gate」
ED:ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)「刻司ル十二ノ盟約」


スポンサーサイト



AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル