FC2ブログ
2019 / 11
≪ 2019 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2019 / 12 ≫

お疲れちゃーん。


花咲くいろは 声優

松前 緒花:伊藤かな恵
鶴来 民子:小見川千明
押水 菜子:豊崎愛生
和倉 結名:戸松遥
輪島 巴:能登麻美子
種村 孝一:梶裕貴
松前 皐月:本田貴子
四十万 スイ:久保田民絵
四十万 縁:浜田賢二
宮岸 徹:間島淳司
富樫 蓮二:山口太郎
川尻 崇子:恒松あゆみ
次郎丸 太朗:諏訪部順一
助川 電六:チョー

映画を撮るよ!

というお話。


なこちの「バキュン!」に吹いたw

女スパイ…キムヨナかと思ったw


次郎丸に書かせちゃダメだと思いますが、

縁は期待しているようです。


プールではしゃぐ、緒花&菜子&民子。

幻想的な美しさ。


それを見た縁、大学時代、映画を撮った

ことを思いだす。

姉への憧れ&コンプレックスが詰まった内容。

インチキ・コンサルタントは「変態映画」とバッサリ斬るw


最後に電話が鳴っていて…次回へ続く。

順調だったはずの映画撮影に、暗雲?
スポンサーサイト




この記事へコメントする















努力を積み重ねて。 ...
縁はとある男と同乗しある場所へとやってくる。 そこには湯乃鷺シーラスのバスが多数やってきて、そこの好調さが窺える。 ...
どう見ても罠っぽいんですが・・・ 福屋ならまだしも喜翆荘で撮影してもメリットがあるとはあまり思えない・・・ 崇子さん経由の話は基本外れだしさ。 若旦那もこんなこと繰り返してちゃそりゃ何も上手くいかないかなと。 ...
花咲くいろはですが、喜翠荘で映画を撮る話が持ち上がります。この温泉街は新しいハイカラな施設もできるので、老舗の旅館はジリ貧ですが、若旦那が川尻崇子にそそのかされて起死回生の大勝負に打って出ます。女将はこうしたことは嫌いそうな気もしますが、何故か二つ返事... ...
あきらめられない夢がある。捨てられない意地がある。 というわけで、 「花咲くいろは」16話 銀幕少女の巻。 映画を撮るアニメは名作。 …かどうかは知りませんが。 とにかく、クランクインしたお... ...
突然振って湧いた映画制作話。 喜翆荘を舞台にすることで宣伝効果アップ。 若旦那起死回生の策と思いきや、やっぱり経コンおばちゃんにベッタリとは しかも経営面で頼ってるだけじゃなく惚れてるのか。 な... ...
「今回はお前の好きなようにやってごらん」 喜翠荘を舞台に映画制作――! 全てを縁に任せた女将さんだけど、どうなるのか…    湯乃鷺に新しく出来たリゾート施設は盛況のようですね 大型バス3台連ね... ...
喜翆荘を舞台に映画を撮るって話が持ち上がりますが。 意外にもスイさんは 縁にその話を任せます…。 縁を信じて託したのか? もし失敗しても経験をさせるためなのか? ▼ 花咲くいろは 第16話「あの空... ...
第16話 「あの空、この空」 花いろのイメージアルバムがなかなかクオリティ高くて気に入ってます。 これはアニメ見ない人にも普通にJ-POPとして勧められるレベル。 個人的にはアツミサオリの曲が好き。この人の作る曲は大体好みですね。 さて、作中も季節は夏... ...
喜翆荘には魔女がいるらしい・・・ 緒花ちゃんと菜子ちゃんは、何がしたいんでしょうかね。 (笑) いやはや、今週はなんとも楽しい(面白い)回でしたね♪ 最近は、やや重たい展開が多かっただけに、 随分と雰囲気が変わったような印象を受けますね。 「花咲... ...
チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第16話 ...
崇子がデカい話を持って来た。大言壮語の割に空振りが目立っていた コンサルの川尻崇子。何とプロデューサーを連れて映画の話を持って来た。但し制作費の1/10は喜翆荘の出資。凄く詐欺臭い。お金払ったらドロン、のパターンじゃないのか。 ものすごく不安ですが、これこそ... ...
  喜 翆 荘 映 画 化                 ...

AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル