FC2ブログ
2021 / 06
≪ 2021 / 05 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - 2021 / 07 ≫

ダブルオーライザーのツインドライブ能力によって、沙慈とルイスが決別した。

そんな回でしたね。


沙慈はルイスがアロウズにいたことに動揺。

「もう1度ルイスと彼氏彼女だった頃に戻りたい」というのが、どうやら沙慈の本音のようです。

「平和だった頃に戻りたい」……

刹那は何とか彼なりに、沙慈を慰めようとしますが、ブン殴られました。

「お前らと一緒にすんな!」(沙慈)

いや、刹那がルイスの両親殺したわけじゃないんだけど……ネーナの機体だってことは、

以前調べて知ってるはずですよね、沙慈?

っていうか、沙慈は、やっぱりまだ、おやっさんとか刹那に心を許してなかったんですね。

ちょっと残念でした。

「お前ら人殺しと一緒にすんな」って……言われた刹那も、辛いですよね。

刹那だって、好きで戦ってるわけじゃないし。


「戦争なんて、やりたい奴だけで勝手にやってろよ!」とキレ気味の沙慈は、

オーライザーに乗って、カタロンのルイスに会いに行こうとしますが……ティエ様の説教

「彼らの命を奪ったのはキミだ! キミの愚かな振る舞いだ!」を思い出す。

……そう、もう沙慈は「部外者」ではなく、関係者。

彼の行為によって、多くの犠牲者が生まれた。

彼はもう「戦争と関係ない一般人」ではないわけです。

ルイスも、同じですが。

刹那の、沙慈に対する気持ちを代弁した、ライルの言葉が、とても大人に聞こえました。

「あの坊やに、はっきり言ってやったらいいじゃないか?

戦闘は俺が引き受ける。お前は彼女を説得でもなんでもして、彼女をアロウズから取り戻せ

……ってな」

刹那には、そんなボキャブラリー、ないですよねw

「戦うことしか出来ない」が口癖なので、沙慈に刹那の優しさは理解不能。


ライルが通訳してやればいいのに。……ライルに、そこまでする義理はないですが。

やっぱり、二ール……ロックオンが生きていればなあ~と思います。

彼なら、刹那が殴られた瞬間に飛び込んで来て、沙慈を説得したはず。

彼の「おせっかい」というか、他人への優しさが、懐かしいです。


一方、アロウズのルイス。

完全に、誤解しましたね。

刹那と沙慈は、昔からソレスタル・ビーイングの同志で、友人だった。

あの頃から、沙慈は自分を裏切っていた。

沙慈を「敵」と認識したようですね。

携帯に残しておいた、沙慈との思い出「全消去」。


セルゲイの息子が「君はアロウズにいるべきではない」とか、大切な人が敵軍にいるんじゃないのか

など、珍しくいい台詞を言っていたのに……ルイスは聞く耳持たず。


再会の仕方は「裸かよ!」と冗談みたいな展開でしたが、ようやくシリアスさを取り戻しましたね。

次回はもう少し、他のキャラの話も進めてほしいです。

スポンサーサイト




この記事へコメントする















AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル