2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佳音(堀北真希)は、聖花(内田有紀)が家を出て行ったことにショックを受けている殉也(北川悠仁)を心配していた。聖花は、昴(成宮寛貴)のもとを離れず、殉也の家に戻ってくるようすはなかった。そこに昴から電話が入る。昴は、これからは自分が聖花の面倒を見る、と殉也に伝えた。聖花を愛しているのか、と殉也から問われた昴は、自分の気持ちを偽ってそれを肯定した。

同じころ、池田(豊原功補)は、佳音のPTSDを治療した心療内科医・山本(山本圭)を訪ねていた。山本は、これ以上、佳音の過去を探るのは止めるよう池田に忠告した。すると池田は、かつて自分が取材をしたある事件の話を始める。
殉也は、どうしても聖花を忘れることができずに苦しんでいた。聖花に寝返りをさせていた時間に目を覚ましてしまった殉也は、やり切れない気持ちでいっぱいになり、クローゼットの中に並んでいた聖花の服を放り投げるなどして暴れる。佳音は、そんな殉也の気持ちを察して胸を痛めるが、何もできなかった。

家を飛び出して教会を訪れた殉也は、美月(香椎由宇)や義道神父(内藤剛志)に、徘徊がひどくなって手に負えなくなった聖花を施設に預けた、と嘘をつく。だが、言い訳のように聖花を世話する苦労を並べているうちに、ふと聖花のことが心配になってきた殉也は、昴の家までようすを見に行く。そこで殉也が目にしたのは、昴に笑顔を見せる聖花の姿だった。
一方、殉也の家を訪れた美月は、佳音が一緒に住んでいることを知って驚く。美月は、聖花のことは嫌いだったが、殉也のようすを見ていると、彼女がいなくなったことを素直に喜べない、と佳音に話す。そこに殉也が戻ってくる。すると美月は、殉也が佳音と一緒にいることを聖花は嫌がっていたのではないか、などと言い放って帰っていく。

別の日、佳音は、昴に会いにいく。聖花は元気そうだった。昴は、ヘルパーを頼んで聖花の面倒を見るつもりでいた。昴は、殉也の幸せのためだと思えば頑張れる、と佳音に打ち明けると、殉也のためにはこれが一番良い、と続けた。

佳音が家に戻ると、日曜学校に行っているはずの殉也が家にいた。日曜学校は休んだのだという。佳音は、そんな殉也を少しでも元気づけようと公園に誘った。しかしふとした瞬間に聖花のことを思い出してしまう殉也は、佳音の優しさを受け入れることができずに苛立ち…。

前半は、聖花が去ってしまったことに「絶望した!全俺が泣いた!」と殉也がダメ人間に。

後半は、殉也がやっと(今頃かよ!)佳音の自分への気持ちに気がついて、ラブラブムード

になったところで、急に佳音が長野へ去る。

そんな感じでしたね。


あのタイミングで週刊誌に記事が掲載されなければ、佳音と殉也の新婚生活は上手くいったのか?

編集長、鬼。

池田は、最後の良心で、記事を破り捨てたのに……


しっかし、美月って殉也の「恋愛ノート」の中で、まるっきりアウト・オブ・眼中なんですね。

本人は殉也争いに参加してるつもりみたいですけど、殉也の反応は……


それより、次回予告がメッチャ気になる!!

耀司が殉也を刺す!? 殉也の「好きな人をいつまでも待ってる」って何!?

まさか、佳音! お父さん刺したの自分だって思い出して、自ら警察へ出頭!?


エラいことになって来たなあ……
スポンサーサイト

この記事へコメントする















AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。