FC2ブログ
2019 / 11
≪ 2019 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2019 / 12 ≫

むしろ、こちらこそが、日常。

芳文社の「まんがタイムきららキャラット」連載作品をアニメ化。まんがタイムきらら系からは「けいおん!」「ひだまりスケッチ」「GA 芸術科アートデザインクラス」「かなめも」などがアニメ化されているが、この作品も同じく女子高生の日常を描いた作品。なお、オープニングテーマ曲を歌う河野マリナさんは第4回全日本アニソングランプリの優勝者で、曲は神前暁さんが作編曲している。

・あらすじ
ちょっと天然でドジっ娘のるん、幼馴染みのるんのことが大好きで一緒に高校生活を過ごすために同じ高校に入学したトオル、背が高い関西弁少女のユー子、おさげで眼鏡っ娘ながら眼鏡を外せば美少女というナギ。4人の高校での日常生活を描いている。

第1話あらすじ
トオルは、るんのことが大好きで彼女が通う高校を受験する。
合格したことを一番にるんに伝えようと彼女の部屋にやってくると、そこには、るんと見知らぬ女の子と抱き合っている姿が…。

スーパー天然娘なるん、るんが大好きなトオル、冷静な(?)ツッコミ役のナギ、怖がりでいじられ役ユー子、4人のゆるゆるとしたハイスクールライフがはじまる!


お試し視聴。

うーん、日常系ですね。

4人のメインキャラが、学校で過ごす日々を描く。


るんに執着する、トオルがちょっと怖いなw

接近してくる人間、すべて排除! って感じで…。

男子に対しては、バット振り回すのか…

若干引きましたw


ユー子、癖のない性格でいい感じですね。


なんか、萌えというよりは、爽やかな清涼感

的なものも漂っているので、悪くないですね。


ただ、来週以降、続々他番組が開始されるので、

視聴はともかく、記事は書けないかも…。

そんな感じですね。


原作:黒田bb
監督:小野学
助監督:セトウケンジ
シリーズ構成、脚本:浦畑達彦
キャラクターデザイン、総作画監督:佐々木政勝
音楽:神前暁 MONACA
アニメーション制作:Studio五組
制作:Aチャンネル委員会、毎日放送

・キャスト
るん:福原香織
トオル:悠木碧
ユー子:寿美菜子
ナギ:内山夕実
鬼頭先生:茅原実里
鎌手先生:沢城みゆき
佐藤先生:小野大輔
ユタカ:又吉愛
ミホ:斎藤桃子

OP:河野マリナ

スポンサーサイト




この記事へコメントする















Aチャンネル、1話。 春の新作アニメ、7本目。 ・・・全体を通して・・・ OPが独特。 トオルて、女の子か。 ショタだと普通に思ってたが!? いきなりバット持って突撃してくる女子って、危なすぎるわ。 第一印象としては、変人。 ・・・視聴を終えて・・... ...
新しい友達― ...
百合なら任せろなStudio五組の新番組(笑) 咲-Saki-、ストパンを作った監督・脚本コンビなので安心ですね(ぉ) 男子にウケの良い天然子るん。 るんに近寄る男子をバットを持って蹴散らすトオルが登場です... ...
ほのぼのとした、ひたすらゆる~い作品ですね。 背景画が凄く綺麗です。 トオルは、るんのことが大好きで彼女が通う高校を受験する。 合格したことを一番にるんに伝えようと彼女の部屋にやってくると... ...
Aチャンネル第1話 「好き」の感想です! ふんわりゆったりハイスクールライフ・・・これこそ日常! ...
Aチャンネルですが、女子高生4人の日常的なアニメです。トオルは天然少女るんを深く愛していますが、群がる男子生徒を金属バットで蹴散らすほどです。関西弁のユー子やツインテール眼鏡のナギもいます。るんは新しい友達のユー子とナギを家に呼んでトオルを紹介しようとし... ...
今期の百合枠のうちの一つ。Aちゃんねる・・・まぁ、この作品の場合は、自由に百合CPが組める感じで、また、良いわけですが。 キャラ単体以上に、キャラ同士の百合百合な絡みを楽しむアニメでございます。 ... ...
(感想)Aチャンネル 第1話 「好き」 ゆるゆるんなハイスクールライフを描いたほのぼの作品ですね☆ そして、何度見ても飽きない不思議な面白さを感じます!!トオル可愛い☆w ...
4人の高校生達を描いた作品。 今季一番、ほんわかと見れるアニメだなぁ・・と。 これが『日常』というものじゃないのかな?w 某日常の方は、あちらの本文にも書きましたが、あれは彼女達のいる世... ...
天然娘のるんは男子にも大人気。蝶々を追い掛けて車に轢かれそうになったりとか、天然の域を超えてる気もするが。そんなるんの友達はおさげで眼鏡っ娘のナギと、黒髪でスタイル抜群な関西弁っ娘のユー子。そしてちっちゃくてるんが大好きで護るためには過激な行動を見せる... ...
ながもんオッスオッス! というわけで、 「Aチャンネル」1話 三人と一人の巻。 日常系ほのぼのキャッキャウフフストーリー。 しっかし、この手の企画も後を絶たないねぇ。 あずまんが大王の大成功... ...
☆アニメ期待度☆ Aチャンネル 第1話 「好き」 期待度4 ...
Aチャンネル 第1話 「好き An April Day」 あらすじ るんが大好きな女の子、トオルはるんのいる学校に通うために同じ高校を志望する。 そして合格発表の日、見事に合格したトオルはるんに報告する... ...
いかにもきららキャラット連載作品という感じ。 なんとも言えないほのぼの感に癒されますね (^-^) ひだまりやGAとはまた一味違ったまったりほっこりが心地よい。 トオルちゃんがるんたちより1コ下という... ...
記事はこちら(TBもこちらへ)元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/04/post-3d8e.html ...
「大丈夫、私たちは変わってないよ」 ものすごい天然ぶりを見せてたるんが、トオルに対してはちゃんと年上で驚いた(´д`*) 蝶々を追いかけてふら~っと歩いたり、授業中うとうとしてイスから落ちそうに... ...
第一印象は普通(´・ω・`) ...
Aチャンネル 第1話、「好き」。 今春からの新番組で、まんがタイムきららキャラットっていう雑誌に連載中のマンガが原作だそうです。ひだまりと同じ雑誌の作品なんですね。いつものように未読での視聴です。 ...
ゆるゆるでほのぼしたハイスクールライフを描いたこの作品。 キャラも皆可愛いし何度見ても飽きない面白さ! 第1話 「好き」 感想は続きから ...
「好き」 るんちゃんと  同じ授業受けたいな  るんちゃんと… るんが大好きなトオルが可愛いですね^ω^ るんと同じ高校に行こうと頑張って受検して合格したトオル 報告しようとるんの家にやってきたけど  そこで目の当たりにしたものは((゚m゚;) ... ...
トオル、出撃します~(←コラ) 暴力金属バット少女がヒャッハーするアニメ。 初見さんにはきっとそう映った出だし。 原作は持ってます。キャラットの看板作品ですからねw 普段はオトナシイ過保護のちっちゃいツンデレとおる。 るんを守るために視聴開始(←マテ)... ...
Aチャンネル (2) (まんがタイムKRコミックス)2011年春の新作アニメ第5弾! ひだまりスケッチやけいおん!を輩出してきた、 まんがタイムきららシリーズ出身! ...
結構期待しているAチャンネル第1話の感想です。 なぜ期待してるかというと、咲のスタッフが作ってるからという理由しかないです。 ただ、1話を観る限り、けいおんの雰囲気でしたね。 ネットの感想... ...
桜が美しい季節… トオルは金属バットを持って校内を走る。 トオルが向かった先は大好きなるんちゃんのいる場所だった。 大好きなるんちゃんが男子としゃべるのを金属バットを振り回して 阻止するトオル。何、そんなにるんちゃんの事好きなのか… それにしても…トオルが... ...
第1話『好き』Aチャンネル 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]一応、これで見た新番組7本目かな。 ...
まんがタイムきららキャラットで連載中の黒田bb先生原作「Aチャンネル」の第1話。 直前の番組で番宣的な事をやっていました。 「露骨なエロはないけど、ギリギリ感というか絶対領域を含めたチラリズム... ...
新番組、ようやく二作目です。Aチャンネル1(完全生産限定版)(BD)◆20%OFF!早速感想。ちょっと予想とは違う方向で面白い。主に百合的な意味で。この製作陣はもはや百合は慣れたものか... ...
るんが好きなトオルは、るんに虫がつくのが嫌らしい。教室にバットを持って入るなど、ちょっと間違えると危ない人ですね。 ...
春、入学、大好きな人がいる学校へ。 チェックしてなかったけれどよかったですね^^ ...
大門ダヨ Aチャンネルも始まりましたね コレも原作って四コマかな? それなら安心して見れるなw るん かなりの天然、更にドジっ子w ...

AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル