FC2ブログ
2019 / 12
≪ 2019 / 11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2020 / 01 ≫

1人でも描く。

「嫉妬と愛」 2011年2月5日(土)
エイジが小学生のころ描き貯めたマンガから新キャラクターアイデアを用いる姿を目にして、ついにヒントを得た最高。エイジのアシスタントを辞め、自分が小学生のころに描いたマンガのノートを探し始める!
一方、秋人は見吉の携帯小説を手伝いながらも、満足がいくネームが書けず悩んでいた。
いつも見吉と一緒にいるためにネームの進行が遅れているのではと疑心暗鬼になった最高は、ある決意をする…



最高、エイジのアシスタント辞めましたね。

ついに掴んだ、ヒント。

それは「原点」。

ミステリー系なら、王道路線。


秋人は、相変わらずスランプで、見吉の携帯小説

を手伝っていたら…こちらも、ミステリーを書く決意?


しかし、最高の電話がタイミング悪く、

問い詰めるような最高の口調に、秋人も「見吉LOVE」

を訴えて、2人はギスギスした状態に。


落ち込んだ最高は、亜豆にメール。

彼女の返事が、最高に決断させた。

「1人で描く」と。


…いやあ、夏休み中に秋人がネーム仕上げてくれれば

いいんですけど、ダメなら最高1人で、ですか?

エイジも「1人で描ける」って言ってましたが…

こんなカタチで、2人は終わってほしくないな。


真城最高 阿部 敦
高木秋人 日野 聡
亜豆美保 早見沙織
見吉香耶 矢作紗友里
新妻エイジ 岡本信彦
福田真太 諏訪部順一
中井巧朗 志村知幸
蒼樹 紅 川澄綾子
岩瀬愛子 藤村 歩
服部 哲 利根健太朗
服部雄二郎 野島裕史
瓶子副編集長 川田紳司
佐々木編集長 堀内賢雄
川口たろう(真城信弘)浜田賢二

原 作/大場つぐみ・小畑 健
監 督/カサヰケンイチ
      秋田谷典昭
シリーズ構成/吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督/下谷智之
美術監督/柴田千佳子
色彩設計/店橋真弓
撮影監督/岩井和也
音 楽/Audio Highs
音響監督/渡辺 淳
アニメーションプロデューサー/松倉友二
アニメーション制作/J.C.STAFF
制作統括/斉藤健治・野島正宏・根岸智也
制 作/NHKエンタープライズ
制作・著作/NHK・小学館集英社プロダクション
オープニングテーマ 「Blue Bird」
作詞・作曲/小渕健太郎
編曲/コブクロ
歌/コブクロ エンディングテーマ 「BAKUROCK ~未来の輪郭線~」
作詞/ryow inukami
作曲/mitsuyuki miyake,naoto suzuki,hiroto suzuki
編曲/hiroto suzuki
歌/YA-KYIM



アシスタントは長くやっては駄目。


第17話 「天狗と親切」
1月29日(土) 【教育テレビ】 午後6時-25分
アシスタントとしてエイジの仕事場を訪ねた最高は、手塚賞2回入賞の実績を持つ福田と、ベテランの中井の2人に出迎えられる。エイジに「何故ここにいるのか?」と聞かれるが、正直な気持ちを話した最高を歓迎するエイジ。「CROW」第2話のアンケート順位が4位に落ちてしまったことをきっかけに、急きょ第5話の修正を手伝うことになった最高たち。
福田の意見を素直に取り入れ、自分のものとしていくエイジの圧倒的な能力を目の当たりにしながらも最高は秋人のために何かをつかんで帰ろうと、決意を新たにする!


最高が、エイジのアシスタント2人から、

漫画家としての心得を学ぶ話。


エイジからいろいろ盗もうと考えていた最高ですが、

中々エイジの技術や思考は学びにくいっぽいですねw


その分、福田の考え方、漫画がどうしたら面白くなるか、

読者の立場になって…など、エイジも交えたディスカッション

により、「チーム・エイジ」が出来上がったというか…

3人で1つの漫画を作っていけば、1番も夢じゃない

感じで、このまま組めばいいのに…

そう思わされました。


まあ、福田や最高はエイジのライバルですから、

本当は協力してる場合じゃないんですけどね…


エイジの弱点でもあった、1人よがりで書いている

ところや、打ち合わせをしない、ネーム書かない

などの部分が、福田や最高のアドバイスで改善

されてしまったので、ますます強敵に!


「プロアシ」に近い中井は、「こうなってはいけない」

という失敗例のように扱われ、最高は彼からも、

人生勉強することができました。

いい経験になりましたね。


秋人、デートしてる場合じゃないよ…。

早く、スランプ脱出してほしいですね。


真城最高 阿部 敦
高木秋人 日野 聡
亜豆美保 早見沙織
見吉香耶 矢作紗友里
新妻エイジ 岡本信彦
福田真太 諏訪部順一
中井巧朗 志村知幸
蒼樹 紅 川澄綾子
岩瀬愛子 藤村 歩
服部 哲 利根健太朗
服部雄二郎 野島裕史
瓶子副編集長 川田紳司
佐々木編集長 堀内賢雄
川口たろう(真城信弘)浜田賢二

原 作/大場つぐみ・小畑 健
監 督/カサヰケンイチ
      秋田谷典昭
シリーズ構成/吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督/下谷智之
美術監督/柴田千佳子
色彩設計/店橋真弓
撮影監督/岩井和也
音 楽/Audio Highs
音響監督/渡辺 淳
アニメーションプロデューサー/松倉友二
アニメーション制作/J.C.STAFF
制作統括/斉藤健治・野島正宏・根岸智也
制 作/NHKエンタープライズ
制作・著作/NHK・小学館集英社プロダクション
オープニングテーマ 「Blue Bird」
作詞・作曲/小渕健太郎
編曲/コブクロ
歌/コブクロ エンディングテーマ 「BAKUROCK ~未来の輪郭線~」
作詞/ryow inukami
作曲/mitsuyuki miyake,naoto suzuki,hiroto suzuki
編曲/hiroto suzuki
歌/YA-KYIM



最高と秋人の間に、距離が?

第16話 「壁とキス」 2010年1月22日(土)
亜豆が「聖ビジュアル女学院」のオーディションに合格したと知る最高と秋人。2人は「金未来杯」へのエントリーをめざして「エンジェルデイズ」を仕上げたものの、なんと落選!ショックを受けた2人だが、服部から選考理由を聞いて気を取り直し、さらに「聖ビジュアル女学院」に出演した亜豆を見て刺激を受ける。一方、最高、秋人、亜豆に触発された見吉は、携帯小説家を目指すと言いだして…。
次作のネーム作りに悩む秋人。そんなとき、最高に「エイジのアシスタントに入らないか」という連絡が。「悩む秋人のためにエイジの仕事ぶりから何か盗みたい」、そう考えた最高はアシスタントに行くことを決意する!!



亜豆は、端役とはいえ、美少女であること

を売っていく事務所の方針がフィットしそうな予感。

そこそこ、順調ですね。


一方、最高と秋人の王道自信作は、落選ですか…

出場することすら、かなわないという…

現時点では「邪道」の方がベストなんでしょうね。


悩む秋人。

スランプというか、なんというか…

仕事場にも来なくなり、1人で試行錯誤。

見吉をデートに誘って、キス。

それを最高に見られた!

同時に、最高は単独でアシスタント業へ…


そんな感じでしたね。

見吉、文才あるのかな?

ケータイ小説チャレンジって…


服部さんの条件守るんじゃなくて、

それ以上の作品仕上げろ、と。

望まれるレベル高いな。

編集部の人たち、期待してるようですが。


気になるのは、最高と秋人が、

別々の人生を歩いて行くフラグ

が立ったっぽいこと。

もしそうなら、悲しいですね。


真城最高 阿部 敦
高木秋人 日野 聡
亜豆美保 早見沙織
見吉香耶 矢作紗友里
新妻エイジ 岡本信彦
福田真太 諏訪部順一
中井巧朗 志村知幸
蒼樹 紅 川澄綾子
岩瀬愛子 藤村 歩
服部 哲 利根健太朗
服部雄二郎 野島裕史
瓶子副編集長 川田紳司
佐々木編集長 堀内賢雄
川口たろう(真城信弘)浜田賢二

原 作/大場つぐみ・小畑 健
監 督/カサヰケンイチ
      秋田谷典昭
シリーズ構成/吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督/下谷智之
美術監督/柴田千佳子
色彩設計/店橋真弓
撮影監督/岩井和也
音 楽/Audio Highs
音響監督/渡辺 淳
アニメーションプロデューサー/松倉友二
アニメーション制作/J.C.STAFF
制作統括/斉藤健治・野島正宏・根岸智也
制 作/NHKエンタープライズ
制作・著作/NHK・小学館集英社プロダクション
オープニングテーマ 「Blue Bird」
作詞・作曲/小渕健太郎
編曲/コブクロ
歌/コブクロ エンディングテーマ 「BAKUROCK ~未来の輪郭線~」
作詞/ryow inukami
作曲/mitsuyuki miyake,naoto suzuki,hiroto suzuki
編曲/hiroto suzuki
歌/YA-KYIM



そう簡単に、1番にはなれない。

第15話 「デビューと焦り」 2010年1月15日(土)
服部から王道バトルマンガについての指南を受けた最高と秋人。エイジに勝つため、さらなる作品作りへ踏み出してゆく。
一方、亜豆は養成所に通いながら、オーディションを受けては落選する日々を送っていた。
ある日、「聖ビジュアル女学院」というアニメ番組のオーディションの話が来るが、新人で歌唱力もあったほうがよいという条件に悩んでしまう亜豆。
見吉から最高たちの頑張りを聞き、意を決した亜豆は「聖ビジュアル女学院」のオーディションを受ける! その結果は!?



服部さんは、「王道路線」に反対姿勢を変えませんが、

それでも「普通の新人にするアドバイス」ぐらいは

(仕事なので当然ですが)してくれます。

ストーリー、泣ける要素、感動、友情…

読者にウケる王道物というのは、随分ハードル高いですね。

なんか連載条件を聞いてると、ほぼ完璧な漫画というか…

漫画の理想郷のような?

最終到達地点っぽくて、それを新人がいきなり書けたら、

逆に不自然なような気がしました。

「あんまり面白くないなあ。どこがいいんだろう?」

という新連載も、僕は結構見かけるんですけどねw


エイジの天才理論を本人から直接聞かされたことで、

最高が燃え始めた!

エイジの方も、最高の目の輝きを見て、

「自分のライバルになる」と、確信を得たようです。

…なんか、エイジって全然悪い奴じゃないっぽいですね。

むしろ、最高を好敵手として歓迎しているみたいで。

「漫画を終わらせる権利」を編集長に要求したりしていたので、

性格悪いのかと思っていたので、意外でした。

人気あるキャラだというのも、納得です。


さて、後半は亜豆の話題。

オーディションに落ちてテンション下がったり、

大変みたいですね。

これまで、あまり考えたこともなかったのですが…

もしかして、歌とか踊りは苦手なんんでしょうか?

声優目指すには、致命的な気が…

なんか、そっち系あるオーディション、

嫌がってる感じでしたよね。

泊まりに来た見吉に、見抜かれてたし。

見吉、いいキャラですね。

「素」って感じで、飾ってないのが良い。



真城最高 阿部 敦
高木秋人 日野 聡
亜豆美保 早見沙織
見吉香耶 矢作紗友里
新妻エイジ 岡本信彦
福田真太 諏訪部順一
中井巧朗 志村知幸
蒼樹 紅 川澄綾子
岩瀬愛子 藤村 歩
服部 哲 利根健太朗
服部雄二郎 野島裕史
瓶子副編集長 川田紳司
佐々木編集長 堀内賢雄
川口たろう(真城信弘)浜田賢二

原 作/大場つぐみ・小畑 健
監 督/カサヰケンイチ
      秋田谷典昭
シリーズ構成/吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督/下谷智之
美術監督/柴田千佳子
色彩設計/店橋真弓
撮影監督/岩井和也
音 楽/Audio Highs
音響監督/渡辺 淳
アニメーションプロデューサー/松倉友二
アニメーション制作/J.C.STAFF
制作統括/斉藤健治・野島正宏・根岸智也
制 作/NHKエンタープライズ
制作・著作/NHK・小学館集英社プロダクション
オープニングテーマ 「Blue Bird」
作詞・作曲/小渕健太郎
編曲/コブクロ
歌/コブクロ エンディングテーマ 「BAKUROCK ~未来の輪郭線~」
作詞/ryow inukami
作曲/mitsuyuki miyake,naoto suzuki,hiroto suzuki
編曲/hiroto suzuki
歌/YA-KYIM


エイジとの初遭遇。

「バトルと模写」 2010年1月8日(土)
新妻エイジに勝つため、王道バトルマンガのネームに取り掛かる最高と秋人。一方、エイジは「YELLOW HIT」で本誌連載が決まり、準備に入っていた・・・はずだったが、何と「CROW」の原稿を描いていた!
「CROW」で連載したいと言うエイジを連れ、雄二郎は編集長と相談すべく編集部へ向かうことに。そこで服部と打ち合わせ中の最高・秋人はエイジとの邂逅を果たすことになる!!
圧倒的な才能を目の当たりにした最高と秋人は、さらに触発され、服部に王道バトルマンガで勝負したいと懇願する。その熱意に対して服部が下した判断は・・・!?


エイジ、無茶苦茶ですね。

自由、というか…


最高と秋人の書いた漫画を読んでいて、

ファンになっていた、というのは意外でした。


服部さんに、凄く反対されてましたけど、

最高たちは王道路線でいきたいようですね。


現時点では、邪道の方が向いてるような気も

しますけど…まあ、頑張ってほしいです。


真城最高 阿部 敦
高木秋人 日野 聡
亜豆美保 早見沙織
見吉香耶 矢作紗友里
新妻エイジ 岡本信彦
福田真太 諏訪部順一
中井巧朗 志村知幸
蒼樹 紅 川澄綾子
岩瀬愛子 藤村 歩
服部 哲 利根健太朗
服部雄二郎 野島裕史
瓶子副編集長 川田紳司
佐々木編集長 堀内賢雄
川口たろう(真城信弘)浜田賢二

原 作/大場つぐみ・小畑 健
監 督/カサヰケンイチ
      秋田谷典昭
シリーズ構成/吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督/下谷智之
美術監督/柴田千佳子
色彩設計/店橋真弓
撮影監督/岩井和也
音 楽/Audio Highs
音響監督/渡辺 淳
アニメーションプロデューサー/松倉友二
アニメーション制作/J.C.STAFF
制作統括/斉藤健治・野島正宏・根岸智也
制 作/NHKエンタープライズ
制作・著作/NHK・小学館集英社プロダクション
オープニングテーマ 「Blue Bird」
作詞・作曲/小渕健太郎
編曲/コブクロ
歌/コブクロ エンディングテーマ 「BAKUROCK ~未来の輪郭線~」
作詞/ryow inukami
作曲/mitsuyuki miyake,naoto suzuki,hiroto suzuki
編曲/hiroto suzuki
歌/YA-KYIM


AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル