FC2ブログ
2019 / 12
≪ 2019 / 11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2020 / 01 ≫

臆病なくらいで丁度いい。


・作品概要
サンデーGX連載のやまむらはじめの作品をアニメ化。

・あらすじ
しきたりばかりで息苦しい村を出てごく普通の平凡な大学生活を送る主人公の匡平(きょうへい)、そこへ彼を兄のように慕っている少女・詩緒(うたお)が現れる。彼女は村の牢を破って脱出した男・阿幾(あき)を追って東京まで来ていたのだ。匡平の望んでいた普通の生活は阿幾の出現によって破られ、村で神として祀られている謎の人形「案山子(かかし)」による戦い、かつて封印された過去の因縁、案山子を操ることができる「隻(せき)」の資格、そして強大な神の力を巡って巻き起こる数々の思惑と陰謀が錯綜し、あらゆる人々の運命を巻き込んでいく。


「2話あらすじ」
川岸には、(くくり)という案山子の操縦訓練をする詩緒たちの姿が。
同じ頃、大学の「真・科学部」で爆発事件を起こし、気を失ってしまう
空張久羽子と部員。爆発音に気づき、くくりを操縦して2人の救助する詩緒。
久羽子は、案山子の事件を追う、恭介の娘であった。

操縦訓練と、爆発事件が今回のメイン。

トンデモ研究していて、大学側から退去を命じられて、

部員は1人しかいない…

大学側の始動が遅かったのでは?

もう少し早く対応した方がよかったですねw

あれは危険な部だw


訓練は、まあまあ順調。

詩緒は、かなり大変そうですが…

「逃げた」主人公の代理か。

匡平は、過去に阿磯と戦った?

なんか、たくさんの死体の中に2人…

的な回想シーンがありましたが。


その「逃走」的な生き方を、

日々乃が咎める。

匡平、スルーしてましたけどね。

日々乃との仲は、順調に進んでる感じかな?


えーと…

シリアスなストーリーと、恋愛や萌え的なバランス

が、今のところ大丈夫な感じだと思います。

このまま、崩れなければ視聴を続行します。


・スタッフ
原作:やまむらはじめ
監督:岸誠二
助監督:菅原静貴
シリーズ構成・脚本:上江洲誠
キャラクターデザイン:森田和明
プロップデザイン:小川浩
総作画監督:本橋秀之
美術監督:宮越歩
色彩設定:伊東さき子
撮影監督:大熊義明
音響監督:岸誠二、高寺たけし
音楽:西田マサラ、石川智晶
アニメーション制作:ブレインズ・ベース
製作:案山子保存協会

・キャスト
枸雅匡平:岡本信彦
枸雅詩緒:福圓美里
史場日々乃:茅野愛衣
枸雅阿幾:木村良平
空張久羽子:沢城みゆき
日向勾司朗:村瀬克輝
桐生:小林由美子
日向まひる:花澤香菜

・主題歌
OP:石川智晶「不完全燃焼」
ED:石川智晶「スイッチが入ったら」





チーズを好きになれるか?


・スタッフ
原作:武田日向
監督:安田賢司
シリーズ構成・音響監督:佐藤順一
脚本:池田眞美子
キャラクターデザイン・総作画監督:井上英紀
美術監督:川口正明
美術設定:ロマン・トマ、ルガル・ヤン、ブリュネ・スタニスラス
色彩設定:品地奈々絵
チーフCGIデザイナー:後藤浩幸
撮影監督:岩崎敦、加藤千恵
編集:後藤正浩
音楽:コーコーヤ
音楽製作:フライングドッグ
音響制作:青二プロダクション
アニメーション制作:サテライト

・キャスト
湯音:東山奈央
アリス:悠木碧
クロード:近藤隆
カミーユ:矢作紗友里
オスカー:田中秀幸

・主題歌
OP:羊毛とおはな「世界は踊るよ、君と。」
ED:湯音(東山奈央)「ここから始まる物語


オスカー爺さん、ナンパとかそんな年齢じゃないでしょw

気持ちはいつまでも10代なのかな?


「チーズを好きになりたい」は比喩表現で、

本当は爺さんとかクロードと価値観を共有したい

ってことなんでしょうね。


でもね、チーズは美味しいよ。

僕は日本人だけど、大好きだよ。

だから、いまいち感情移入はできなかったかな?


ライバルの店に行っちゃいけないっていう、

クロードの考えは共感したけど。


・作品概要
「ドラゴンエイジPure」「月刊ドラゴンエイジ」連載、武田日向によるマンガをアニメ化。ドラゴンエイジではこのマンガと平行して、林雄一による派生作品「異国迷路のアリスちゃん」も連載されている。

・あらすじ
パリのとある商店街・ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)の鉄工芸品店へ奉公にやってきた少女・湯音(ゆね)。店主のクロードや人々と出会い、言葉や文化の壁を越えて、いつかギャルリの家族になれるように湯音は奉公に励む。


湯音も大変ですね。

悪口言われ放題、言葉理解

できてた、とか…

まあ、最後には「土下座に

土下座で返礼」的な、UWF

っぽいイベントが発生して、

理解しあえたようでよかった

ですが。


お互い「大事な物」を手放したり、

壊されたりして相手の気持ちが

理解できる。

そんな感じかな。

今後の視聴&レビューは未定です。


・スタッフ
原作:武田日向
監督:安田賢司
シリーズ構成・音響監督:佐藤順一
脚本:池田眞美子
キャラクターデザイン・総作画監督:井上英紀
美術監督:川口正明
美術設定:ロマン・トマ、ルガル・ヤン、ブリュネ・スタニスラス
色彩設定:品地奈々絵
チーフCGIデザイナー:後藤浩幸
撮影監督:岩崎敦、加藤千恵
編集:後藤正浩
音楽:コーコーヤ
音楽製作:フライングドッグ
音響制作:青二プロダクション
アニメーション制作:サテライト

・キャスト
湯音:東山奈央
アリス:悠木碧
クロード:近藤隆
カミーユ:矢作紗友里
オスカー:田中秀幸

・主題歌
OP:羊毛とおはな「世界は踊るよ、君と。」
ED:湯音(東山奈央)「ここから始まる物語

頑丈な身体かどうかは、重要。

・作品概要
「BLOOD」シリーズはProduction I.Gが展開しているメディアミックス作品で、2000年11月にアニメ映画「BLOOD THE LAST VAMPIRE」、2005年10月~2006年9月にテレビアニメ「BLOOD+」が制作されており、今回が3度目のアニメ化。「小夜という名前の少女が日本刀を持って異形のモノと戦う」という基本コンセプトはそのままだが、原作にCLAMPが加わり、設定の異なる今までとは別の作品として制作される。なお、2012年には劇場公開予定となっている。

・あらすじ
浮島神社の巫女・更衣小夜は、神主である父・更衣唯芳と二人暮らし。小夜は私立・三荊(さんばら)学園に通う高校2年生で、普段はクラスメイトたちとの学園生活をめいいっぱい楽しんでいるのだが、一方で父の命を受け、「古きもの」と呼ばれる、人を遥かに凌ぐ力を持ち人を喰らうモノを狩る務めを果たしていた。小夜は「古きもの」との戦いの中で様々な事情を知っていくことになる。



前半は、小夜の身辺状況を描く。

厳格な父。

近所には、イケメンが経営するカフェ。


おいおい、登校途中

急に歌いだしたで、オイ!

まあ、いいけど。

クラスメイトは、いかにもclamp作品っぽいキャラ。

これまでの他作品に、似たようなキャラがいたなあ…

そんな感じ。


後半は、地蔵カマキリみたいなのと、小夜の激しい

アクションバトル。

小夜の勝利で、END。


なるほどね。

こういう感じか。

そんな印象です。

・スタッフ
原作:Production I.G/CLAMP
ストーリー・キャラクター原案:CLAMP
原作監修:藤咲淳一
シリーズ構成:大川七瀬(CLAMP)
脚本:大川七瀬・藤咲淳一
監督:水島努
アニメーションキャラクターデザイン:黄瀬和哉
総作画監督:後藤隆幸
美術監督:小倉宏昌(小倉工房)
コンセプトデザイン:塩谷直義
美術設定:金平和茂(KUSANAGI)
『古きもの』デザイン:篠田知宏
プロップデザイン:幸田直子
色彩設計:境成美
3DCGI:塚本倫基
特殊効果:村上正博
撮影監督:荒井栄児
編集:植松淳一
音響監督:岩浪美和
音響制作:グロービジョン
音楽:佐藤直紀
音楽制作:アニプレックス
アニメーション制作:Production I.G
製作:Project BLOOD-C TV

・キャスト
更衣小夜:水樹奈々
更衣唯芳:藤原啓治
七原文人:野島健児
網埜優花:浅野真澄
求衛のの・ねね:福圓美里
鞆総逸樹:阿部敦
時真慎一郎:鈴木達央
筒鳥香奈子:宮川美保

・主題歌
OP:DUSTZ
ED:水樹奈々


あんたは、知らない方がいい。


・作品概要
「バッテリー」などの著作で知られるあさのあつこの小説をアニメ化。青い鳥文庫で刊行されている「テレパシー少女『蘭』事件ノート」シリーズが2008年にアニメ化されており、あさの作品としては本作が2作目のアニメ化作品となる。

・あらすじ
舞台は2013年の未来都市「No.6」。人類の理想を実現したこの街で、紫苑は2歳の時から最高ランクのエリートとして育てられていた。しかし、12歳の誕生日の夜に「ネズミ」と名乗る少年と出会い匿ったことで運命の転機を迎える……。



「理想の未来都市」と聞くと、最近放送終了した

「フラクタル」を思い出してしまいますが、

方向性はまったく違いますね。


要は…主人公は、未来都市で純粋培養された

エリートであり、それに指名手配されるような

人間が出会ってしまうことで、物語が展開していく…


ネズミは、銃で撃たれていることも含めて、

相当酷い体験をしてきているのでしょう。

人間不信になっているかもしれません。

しかし、紫苑の天然な純粋さが、彼の唯一

の理解者になれる可能性が…そんな風に予測。


まだまだ、物語の導入部分であり、

評価は保留すべきでしょうね。

ただ、ストーリーはしっかりしてるかな?



・スタッフ
原作:あさのあつこ
監督:長崎健司
シリーズ構成:水上清資
キャラクター原案・コンセプトデザイン:toi8
キャラクターデザイン:石野聡
音楽:鈴木慶一
アニメーション制作:ボンズ

・キャスト
紫苑:梶裕貴
ネズミ:細谷佳正
沙布:安野希世乃
イヌカシ:真堂圭
力河:てらそままさき

・主題歌
OP:LAMA「spell」
ED:Aimer「六等星の夜」


AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル