FC2ブログ
2019 / 12
≪ 2019 / 11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2020 / 01 ≫

私に言った、綺麗事を。


脚本:倉田英之/コンテ:ふくだのりゆき/演出:小林浩輔/作画監督:ふくだのりゆき・筆坂明規
竜司が消えた!狼少女アイと彼女のマスターは、英理子の大切なロスト・プレシャスを奪い、竜司まで連れ去ってしまう。
だがアイの大人への憧れと、そのロスト・プレシャスの力が、彼女とマスターとの間にあったウソを暴き出す!
アイは竜司とともにマスターから追われることになり!?
高位の遺物使いで研究者でもあるマスターが世界遺物保護協会(ソサエティ)を憎む理由とは? 15年前に起きた悲劇とは?
思いが交錯し、最後の戦いが始まる!


まず、アイとマスターの間に亀裂。

英理子のロスト・プレシャスの力で、

マスターの真意を知ったアイ。


…まあ、一般の大人であれば、「利用されてるだけの立場」

という風に、一瞬で理解できそうなものですが…

アイは純粋に信じていたわけで。


人道に反するマスターにも、その行動には

一応理由がありました。

恋人が、実験中、事故。

あるロスト・プレシャスの能力なら、救えるのに、

持ち主は貸し出しを拒否。

ソサエティに協力を求めても、満足な対応はなく…

マスターの恋人は亡くなった。

そして、マスターは狂気の道へ…


しかし、だからといって、アイを巻き込んで

いい理屈はありません。

竜司が怒るのも、無理はないですね。

「狂うのは勝手だが、1人でやってろ」的な

竜司の反論は、珍しく同意できるものでした。


竜司という「潔白」な存在が、支えを失った

アイを、正気に戻らせました。


まあ、ある意味、大人になって割り切れない

マスターも、違う意味で純粋なのかもしれませんが…

最後は、ソサエティに捕まることを拒否して、

大気になって消えました。


いつもながら、戦闘場面は、竜司とローズ

の合体攻撃が、チートですね。

今回は、ローズが「竜司を助けたい」と

願ったら炎が発せられて、勝負あり。


いつも感じる、「まとまっている」

「しかし地味である」というこの作品の印象。


今回は、「敵にも理由がある」という意味で、

考えさせられるものでした。


もし竜司が、自分の恋人が事故に遭い、

ソサエティが非協力的な姿勢を示したら?

それでも彼は、ソサエティ側でいられるのでしょうか?



原  作:城崎火也(集英社スーパーダッシュ文庫刊)
イラスト:亜方逸樹
監  督:橘 秀樹
シリーズ構成:倉田英之
キャラクターデザイン:石浜真史
プロップデザイン:森崎 貞
美術監督:伊東和宏
色彩設計:もちだたけし
撮影監督:下崎 昭
3Dディレクター:濱村敏郎
特殊効果:上原将一
編  集:松村正宏
音響監督:はたしょう二
音  楽:宮崎 誠
アニメーション制作:スタジオディーン


ローズ:釘宮理恵
如月竜司:下野 紘
七尾英理子:ゆかな
江藤実咲:仁後真耶子
マルガ:堀江由衣
アイ:いのくちゆか
ビアンカ:松岡由貴
オニキス:神谷浩史
サフィ:加藤英美里
甲斐:佐古真弓
相川真央:橘田いずみ
相川真人:田邊真悟
千崎:遠藤大輔
戸倉:飛田展男
如月黎一郎:内田直哉
如月羽奈:玉川砂記子



竜司、浮気?


◆ 第六話 『狼の襲撃』 (2月14日~)
脚本:倉田英之/コンテ:小島正士/演出:間島崇寛/作画監督:津熊健徳・武本大介
竜司は、遺物使い(ブレイカー)として世界遺物保護協会(ソサエティ)のパーティに出席する。
ナゾの美少女に出会ったり、ドレス姿の英理子とローズの可愛さにドキドキしたり♪
だがパーティの最中、会場のロスト・プレシャスを狙って狼少女の怪盗アイが現れる!
からくもアイを撃退した竜司だが、襲撃は続き……竜司とアイが密着して繋がれてしまった!?
アイの襲撃のわけは? そして彼女がソサエティと敵対する理由は? 竜司たちに新たな危機が迫る!


新キャラ、アイ登場…な回でしたね。


木の上から落ちてきた少女。

竜司の上に落下する、イベント発生。

彼女が、ロスト・プレシャスを盗みまくってる、」

怪盗アイだった…という、わかりやすいテンプレ。


パーティー会場では逃げ出せたものの、

竜司の家に入ったところで捕獲。


しかし、彼女のバックに控える黒幕

「マスター」が救出に!

ローズや英理子は眠らされ、竜司は連れ去られて…

END。



終盤までは、どこか和やかでコミカルな雰囲気でしたが、

最後はシリアスでしたね。


結局、マスターは何のためにロスト・プレシャス

を集めているのか?

それが、次回以降のポイントでしょうかね。


原  作:城崎火也(集英社スーパーダッシュ文庫刊)
イラスト:亜方逸樹
監  督:橘 秀樹
シリーズ構成:倉田英之
キャラクターデザイン:石浜真史
プロップデザイン:森崎 貞
美術監督:伊東和宏
色彩設計:もちだたけし
撮影監督:下崎 昭
3Dディレクター:濱村敏郎
特殊効果:上原将一
編  集:松村正宏
音響監督:はたしょう二
音  楽:宮崎 誠
アニメーション制作:スタジオディーン


ローズ:釘宮理恵
如月竜司:下野 紘
七尾英理子:ゆかな
江藤実咲:仁後真耶子
マルガ:堀江由衣
アイ:いのくちゆか
ビアンカ:松岡由貴
オニキス:神谷浩史
サフィ:加藤英美里
甲斐:佐古真弓
相川真央:橘田いずみ
相川真人:田邊真悟
千崎:遠藤大輔
戸倉:飛田展男
如月黎一郎:内田直哉
如月羽奈:玉川砂記子




◆ 第五話 『忌まわしき覚醒』 (2月7日~)
脚本:倉田雅弘/コンテ:加藤敏幸/演出:うえだしげる/作画監督:氏家章雄
ジョージと接触し、目的のロスト・プレシャスを確認した竜司たち。
だがマルガの依頼したロスト・プレシャス奪還は、どう考えても不可能に近い。
英理子は水着のマルガをおとりにジョージを砂浜に釘付けにする計画を立て、成功するかに思えたが……突然の事件で計画は失敗してしまう。
さらにロスト・プレシャスにも、マルガにも秘密があって?ホワイト・ドラゴンが封じた悲しい過去とは?
竜司とローズは、悲しみを打ち砕けるのか!?


結局、ジョージは「こちら側」に来ませんでしたね。

てっきり、ホワイト・ドラゴンの身の上話か何かに同情

して、考えを変えると、予測していたのですが…。


竜司とローズのように、マルガとエンゲージすることは

ありませんでした。

ジョージには、恋愛感情があっただけに、残念でしたね。


ただ、マルガは最後、竜司にキスしていたので、

好きになっても意味はありませんでしたけどw


どうもこの作品は、竜司のみが「まともな男」と表現…

つまり、ハーレムアニメと解釈して間違いなさそうですね。

ドラゴンとエンゲージできる人間は、彼ぐらいしかいないのか…


ジョージ、いいキャラだったのに…残念です。


原  作:城崎火也(集英社スーパーダッシュ文庫刊)
イラスト:亜方逸樹
監  督:橘 秀樹
シリーズ構成:倉田英之
キャラクターデザイン:石浜真史
プロップデザイン:森崎 貞
美術監督:伊東和宏
色彩設計:もちだたけし
撮影監督:下崎 昭
3Dディレクター:濱村敏郎
特殊効果:上原将一
編  集:松村正宏
音響監督:はたしょう二
音  楽:宮崎 誠
アニメーション制作:スタジオディーン


ローズ:釘宮理恵
如月竜司:下野 紘
七尾英理子:ゆかな
江藤実咲:仁後真耶子
マルガ:堀江由衣
アイ:いのくちゆか
ビアンカ:松岡由貴
オニキス:神谷浩史
サフィ:加藤英美里
甲斐:佐古真弓
相川真央:橘田いずみ
相川真人:田邊真悟
千崎:遠藤大輔
戸倉:飛田展男
如月黎一郎:内田直哉
如月羽奈:玉川砂記子



ジョージとマルガ、正しいのはどっちだ?

◆ 第四話 『海辺の美少女』 (1月31日~)
脚本:倉田雅弘/コンテ:名村英敏/演出:吉田俊司/作画監督:牧内ももこ・門 智明
夏の海へと実咲や真央たちと遊びに来た竜司。
ローズや英理子も乱入して、白い砂浜は女の子でいっぱい!竜司の争奪戦まで始まってしまい!?
だが平和だった海辺に、銀髪の美少女マルガが現れる。
マルガは自らがドラゴンの皇女であることをあかし、竜司に危険な依頼を持ち込む。
依頼のターゲットは、世界最高の遺物使いの一人『黒衣の制裁者(ブラック・パニッシャー)』ジョージ。
しかもジョージは、日本に現れたドラゴン、つまりローズを狙っていた!


Dragon Crisis! ep 4   Free Videos - Watch Online Videos - Guide   Veoh Video Network.flv_000381631
水着回、ですね。

江藤さん、ようやく目立ったと思ったら…

ローズや英理子さんの存在に、テンション下がる、と。

Dragon Crisis! ep 4   Free Videos - Watch Online Videos - Guide   Veoh Video Network.flv_000479229
で、ついにOP歌ってる堀江さんの新キャラ登場。

マルガ、ですか。

外見はお嬢さんっぽいけど…ツン?

ジョージから剣を取り戻してほしいそうです。

Dragon Crisis! ep 4   Free Videos - Watch Online Videos - Guide   Veoh Video Network.flv_000843426
で、教会のジョージが、熱くて正義感っぽいキャラ。

少なくとも、悪い奴って感じではない。

竜司と同じ、レベル10の実力者。

ちょっと、融通の利かない真っ直ぐさが、欠点か?

Dragon Crisis! ep 4   Free Videos - Watch Online Videos - Guide   Veoh Video Network.flv_001073197
祭りに浴衣。

竜司、全員彼女にする気ですか?

ローズや江藤さんに景品GETしてプレゼント。

マルガを気遣うことで、マルガも軽く惚れたようです。

Dragon Crisis! ep 4   Free Videos - Watch Online Videos - Guide   Veoh Video Network.flv_001249832

で、厄介なのが、ジョージがマルガに惚れたっぽいこと。

「村で暴れたドラゴンを退治した剣」を誇らしげに所持して、

龍を倒す使命感に燃えるジョージと、

「龍と人間の女性の恋が、女性が人間に殺されて、

怒り狂った龍が暴れた」という、マルガの認識の差。

竜司とローズがエンゲージするまで、人間と龍の恋は絶えて…

いや、待てよ。


じゃあ、ジョージとマルガがエンゲージすれば、

丸く収まるのでは?


原  作:城崎火也(集英社スーパーダッシュ文庫刊)
イラスト:亜方逸樹
監  督:橘 秀樹
シリーズ構成:倉田英之
キャラクターデザイン:石浜真史
プロップデザイン:森崎 貞
美術監督:伊東和宏
色彩設計:もちだたけし
撮影監督:下崎 昭
3Dディレクター:濱村敏郎
特殊効果:上原将一
編  集:松村正宏
音響監督:はたしょう二
音  楽:宮崎 誠
アニメーション制作:スタジオディーン


ローズ:釘宮理恵
如月竜司:下野 紘
七尾英理子:ゆかな
江藤実咲:仁後真耶子
マルガ:堀江由衣
アイ:いのくちゆか
ビアンカ:松岡由貴
オニキス:神谷浩史
サフィ:加藤英美里
甲斐:佐古真弓
相川真央:橘田いずみ
相川真人:田邊真悟
千崎:遠藤大輔
戸倉:飛田展男
如月黎一郎:内田直哉
如月羽奈:玉川砂記子



だから、迷惑じゃない。


コンテ:木村隆一/演出:木村隆一/作画監督:江森真理子・津熊健徳
ローズが奪われた!オニキスと名乗る少年は、強大なブラック・ドラゴンの力で彼女へと服従を迫る。
ローズを『姫』と呼ぶオニキスの狙いは、彼女を花嫁として迎えること!?
竜司は心の傷と向き合い、両親が残してくれたSクラスの遺物(ロスト・プレシャス)である短剣スラッシュ・ブレスを解放して、ローズを奪還すべくオニキスを追う。
だが、人間とドラゴンの間には越えられぬ壁があり……それぞれの想いが交差し、決戦が始まる!


いやあ…いい最終回でした(笑)

そう言いたくなるくらい、キッチリ完結してましたよ。

WS000151.jpg


オニキスがローズを連れ去った。

花嫁になれと洗脳する。

人間はドラゴンが嫌いだ。

人間はドラゴンを恐れてる。

オニキスは、ローズを純粋に愛している

わけではなく、「エンゲージ」することで

得られる「強大な力」が欲しいだけ?


一方、竜司はローズ救出を決意。

子供の頃、彼女に命を救われたことを思い出した…

からのようです。

うん?

でも、ちょっと「決意」の動機が弱くないか?

あんなに、関わりを拒否していたのに…

WS000152.jpg


彼に用意された遺物(ロスト・プレシャス)は、

龍の牙で作った剣?

とにかく、これでなければオニキスに対抗できない。

…なんか、ゲーム化を狙った設定っぽいのが多いな。

親が、いろいろ犠牲を払って、こういう時のために

用意してくれていたようです。

「息子のことを放置して、世界を飛び回る」

竜司は、そんな印象を改めないとw

WS000154.jpg


へりで救出に向かうが、

「龍の結界」で磁場が乱れ、近づけない。

ここで、剣が光り、結界を切り裂く!


「教会で結婚式の最中」的な場面に遭遇

した竜司&英理子&戸倉。

…戸倉、いい味出しすぎてるw

エレベーターに竜司たちより先に乗り込んだり

とか、意外と只者じゃないのかも?

WS000155.jpg



オニキスは、「人間とドラゴンが結ばれるわけがない」

の一点張り。過去に、

人間の女性と失恋でもしたのか?

ローズは、竜司を助けるために「嫌い、帰って」と叫ぶが…

竜司の返答は「お前が好きだよ」。

いやいや、さすが

ボーイ・ミーツ・ガールな作品w

恥ずかしいほど、ピュアなラブ!


後は、もう…オニキスぶちキレて、

巨大な龍になったりとか、バトルが凄かったですね。

竜司とローズが「エンゲージ」できたので、

勝利、と。


「エンゲージ」って勝手に発動するんですねw

まあ、あの剣も竜司の意思とは関係なく光るし、

いいのかな?



面白いというか、よくまとまってましたね。

王道っていうか、古いアニメのテンプレ展開ラッシュ

なんですけど、だから外さない安心感…というか。

一区切りついた感じなんで、次回以降どうなるのか、

わかりませんけどね。


原  作:城崎火也(集英社スーパーダッシュ文庫刊)
イラスト:亜方逸樹
監  督:橘 秀樹
シリーズ構成:倉田英之
キャラクターデザイン:石浜真史
プロップデザイン:森崎 貞
美術監督:伊東和宏
色彩設計:もちだたけし
撮影監督:下崎 昭
3Dディレクター:濱村敏郎
特殊効果:上原将一
編  集:松村正宏
音響監督:はたしょう二
音  楽:宮崎 誠
アニメーション制作:スタジオディーン


ローズ:釘宮理恵
如月竜司:下野 紘
七尾英理子:ゆかな
江藤実咲:仁後真耶子
マルガ:堀江由衣
アイ:いのくちゆか
ビアンカ:松岡由貴
オニキス:神谷浩史
サフィ:加藤英美里
甲斐:佐古真弓
相川真央:橘田いずみ
相川真人:田邊真悟
千崎:遠藤大輔
戸倉:飛田展男
如月黎一郎:内田直哉
如月羽奈:玉川砂記子



AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル