FC2ブログ
2019 / 12
≪ 2019 / 11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2020 / 01 ≫

最終回でしたね。

結局、奏vs神野の対決は、双方撃ち合いながら致命傷にはならず、

神野が逮捕されて、幕を閉じました。


「由岐とクリスマスに会う」約束……

つまり、純粋に「神野は由岐を愛していた」ということで、裏はなかった。

「呼び出して、殺す」のが目的なのかな~と考えたりもしましたが、

自分のことを愛してさえいてくれれば、神野は由岐を必要としていたようです。


「君も僕を裏切るんだね」など、マフィアのボスという立場ながら、

神野はこと恋愛に関しては、ピュアなキャラでしたね。

まあ、「今は奏が好き」的な返事を聞いて、由岐に銃を向けていたので、

「悪い意味で」純粋、という感じでしたけど……


ロッシを亡き者にして、新しい麻薬王になり、好きな女性(由岐)も手に入れる、

完璧なシナリオ……のはずが、奏の執念により、阻止された。

にも関わらず、奏は由岐と日本で幸せに暮らしましたとさ……というハッピーエンドではなく、

アメリカから帰還要請が出て、あっさり帰国ですよ。

まあ、空港で荷物盗難にあったっぽいので、「え? 続編?」的な可能性を残すENDでしたけど。


マルオが「本当にいいの?」と由岐に確認して、由岐が奏の背中に抱きつくところまでは、

王道だったんですが……まさかの背負い投げ!

神野に「大事なものを奪われてたまるか!」って、奏は言ったじゃないですか?

あれは普通に考えれば、由岐への告白に近い感じだと思うんですけど……


開始当初は、「月9で刑事ドラマって…大丈夫かな?」と不安でしたが、

個人的には楽しく視聴できました。

奏の堅い性格が、とても好感が持てましたね。


続編や劇場版があれば、見てみたい、と思えるドラマでした。



高倉奏(小栗旬)は、勝手に甲斐崎ヒロト(水上剣星)の病室に行った松永由岐(吉高由里子)に怒りをぶつける。工藤マルオ(水嶋ヒロ)や西岡ゆり(ともさかりえ)がとりなそうとするが、奏は本気で由岐の身を心配していたようだ。

特殊捜査課は、捕らえていた神野京介(仲村トオル)の部下から、麻薬の巨額取引の日時を探り出す。それは、12月24日で、神野が由岐と再会の約束をした日だった。ニューヨーク市警からは指揮官、三上真一郎(別所哲也)らが来日。三上は、今後の神野捜査の指揮権と由岐を自分たちの監視下に置くと宣言。由岐は身柄をホテルに移された。

神野の取引相手と、その場所はなかなか判明しない。だが、三上はアメリカの麻薬王、デイビッド・ロッシの極秘来日情報をつかむ。三上は、神野とロッシの取引の可能性を示唆するが、奏は頷けない。神野とロッシは、敵対する関係だからだ。

奏とマルオは、捜査課がつかんだ神野とロッシの会食場所を見張っていると、何者かに狙撃されてしまう。どうやら、警察の動きが読まれていたらしい。あるいは、偽の情報をつかまされたのか…。

そして、運命のクリスマス・イヴがやって来る…。



神野は、仲村トオルさんでしたね。

まあ、先週電話の声を聞いて、気がついてましたけど……


今回は、そんなにストーリー進展ありませんでしたね。

次回、最終回ということで、その辺は仕方ないか。


甲斐崎が撃たれましたけど……由岐の「自分を人質にとったと神野に連絡して」

という計画は、断ったってことですよね?

由岐、病室にいなかったし。


奏が狙われたっていうことで、由岐はそれを止めるために、神野と接触しようとしたのか?

ヒロインらしい行動ですけど。


とにかく、問題解決は、すべて次回! ということですね。


高倉奏(小栗旬)が父の敵と追い、松永由岐(吉高由里子)がかつて愛した男、神野が生きていた。神野本人が奏の携帯に電話してきたのだ。神野は警察から由岐を開放するよう要求するが呑むわけにはいかない。すると神野は、由岐に「約束は覚えている」とメッセージを残し、奏を脅して電話を切った。奏が録音した神野の声を聞いた由岐は、その姿まで鮮明に思い出す。神野の約束とは、クリスマスイヴでの再会だった。

その電話の後、都内で暴力団の抗争が連続で発生。大口の麻薬取引を行おうとする神野が取引相手を選ぶために起こさせた抗争とみられた。奏と工藤マルオ(水嶋ヒロ)はある事務所で張り込み。すると、奏の体を銃弾がかすめる。奏は、脅してきた神野の仕業と直感する。

由岐は、奏が狙われたとマルオから聞いてショックを受ける。さらに、捜査中の堀川経一(勝地涼)がチンピラに刺された。由岐はマンションに来た田中真紀(臼田あさ美)に、あることを頼む。その頃、麻薬取引現場が割れ、特殊捜査課が一斉検挙。しかし、そこに神野の姿はない。奏は、検挙が簡単だったことに疑問を持って…。


今回は、激しい銃撃戦の場面が多かったですね。

その中心にいたのは、由岐。

神野は、甲斐崎を消して、由岐を無傷で取り戻したい?

奏&マルオ、警察側は、由岐を保護しなければならない。

甲斐崎は、由岐を利用して神野と政権交代。

3者の思惑が乱れて、ドラマ的に面白い展開でした。


由岐と奏の恋愛フラグ? と言っていいのか、

「守る」と由岐に宣言した奏。

それが心に残り、甲斐崎に連れ去られる際、奏の名前を叫ぶ由岐。

助けてもらった後の、奏を見る視線が、恋してる人の目線って感じで、吉高さんいい演技でした。


奏が「初めて迷った」というのは、神崎逮捕を優先するか、

由岐の救出を優先するか……という、問題。

視聴者は、奏の神崎に対するこだわりは知っていますが……

要は、奏が由岐をどれだけ大切に思っているか、ですよね。


最後、神野から奏の携帯に着信が!

次回以降は、いよいよ神野と奏の対決?



神野が死んでいた…。松永由岐(吉高由里子)が取り戻した記憶は、高倉奏(小栗旬)を落胆させる内容だった。工藤マルオ(水嶋ヒロ)は一件落着と喜ぶが、奏はにわかに信じることなど出来ない。由岐自身も自分の記憶に悩み苦しんでいる。そんな由岐に、奏は自分が守ると約束する。

その矢先、由岐が甲斐崎ヒロト(水上剣星)たちにさらわれてしまう。甲斐崎は由岐を利用して、神野を誘き出そうとしていた。自分が守ると約束した奏は珍しく動揺。ようやく、由岐の居場所を突き止めるのだが、そこには神野の組織もやって来て、警察、甲斐崎たちとの乱戦になってしまう。

そんな中、奏は目の前で甲斐崎たちに由岐を連れ去られる。マルオの声も届かないほど混乱する奏は、珍しく判断を誤ってしまった。


最終回。

飛鳥とりょうの恋物語も、いよいよ決着です。



福岡へ転校が決まったりょう。

周囲は「それでいいのか? 告白しないと後悔するぞ?」

と、2人にプレッシャーをかけますが……

「こんな状況で気持ちを押し付けたくない」とか、

「ずっと友達」という考えなようで、本音を押し殺したまま。



前回の「オトメンの飛鳥さんが欲しくなっちゃいました」で大笑いさせてくれた

あの可哀想な女の子が、飛鳥と婚約式を行う。

福岡へ行く準備をするりょうが、まるで「身を引く」ように見えるのは、いい演出ですね。



式の最中に「本当に好きな人だけを愛すると誓う」って……

そう決めていたなら、せめて前日には皆に告げようよ、飛鳥。

まあ、ドラマ的には、あのタイミングが1番盛り上がりますけどね。



りょうが「悪の組織に飛鳥が攫われた」という作り話を信じて、

助けに来たラストが好きでした。

あの2人の性格では、ああいう風に強引な設定を演出しないと、告白とかなさそうだし。

最後は、両思いであることを確認して、END。



芸人「バカリズム」のギャグが、番組中やたら使われてましたね。

それはスルーして、ずっと飛鳥とりょうの恋物語を中心に、今回は視聴してました。

とても爽やかで、素晴らしい関係だったと思います。

大好きなドラマでした。

終わってしまうのは寂しいですが、ラストが綺麗だったので満足です。

政宗飛鳥(岡田将生)は、母親の浄美(山本未來)が組んだお見合いで知り合った咲山入香(菅野莉央)にすっかり気に入られてしまった。入香は、飛鳥がオトメンであることを浄美に隠していることをネタにして、強引に話を進めていく。一方、銀百合学園ではアメリカの姉妹校との交換留学生が飛鳥に決定したというウワサで持ちきりになっていた。

そんな中、飛鳥は都塚りょう(夏帆)から転校することを告げられる。驚く飛鳥だが、転校は病気の福岡の祖父の看病をするために自分で決めたことだと話すりょうに何も言えない。橘充太(佐野和真)は告白するべきだと勧めるが、飛鳥はこんな時に気持ちを押し付けたくないと断る。帰宅後、飛鳥は浄美に自分には好きな人がいると告げるが、浄美はそんな飛鳥の訴えに耳を貸さない。

翌日、花沢夢子(柳原可奈子)から2年A組にりょうの転校が告げられた。学校に来るのは今日が最後と聞き、愕然とする飛鳥。放課後、お別れの挨拶に校内を回っていたりょうは小針田雅(桐谷美玲)や多武峰一(木村了)に、このまま飛鳥と離れ離れになっていいのかと問われる。

その夜、りょうは飛鳥を学校に呼び出した。一緒に校内を歩きながらこれまでの思い出を振り返る2人。そして、家庭科室にやってくるとりょうは…。

AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル