FC2ブログ
2019 / 12
≪ 2019 / 11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2020 / 01 ≫

王子様との出会い。

脚本:杉原研二絵コンテ:小坂 知演出:高山秀樹作画監督:高澤美佳・金 順淵
左王子蘭子は、いとこで幼なじみの千紘のことが好きだ。しかしゾンビオタクで人間の女の子には見向きもしなかった千紘が、責任取りの為とはいえゾンビっ娘・礼弥と同居を始めたことで蘭子の心中は穏やかではない。しかも目の前でキスまでされて……。思わぬ強敵の出現に、もやもやする蘭子の脳裏によぎる千紘との過去。最高だった初めての出会いは2人がまだ幼稚園の頃だった。幼なじみは2度恋をする!! 蘭子&千紘のアーリーデイズ。


蘭子と千紘の過去話。

幼い頃の千紘は、本当に

「ゾンビ以外興味の無い変人」

で、コミュニケーション不可能。

「蘭子が惚れ直した」設定に無理を感じました。

惚れないでしょう? あんな王子様…。

今の千紘の方が、会話のコミュニケーションが

できるだけ、随分まともですよね。


そして残念なことに、千紘は蘭子を

「恋愛対象」として見ていない。

昔から、蘭子の片想いだったわけですね。

やはり、ゾンビ化した礼弥が理想の相手か?


・スタッフ
原作:はっとりみつる(講談社「別冊少年マガジン」連載)
監督:畠山守
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:坂井久太
音響監督:中川達仁
音楽:橋本由香利
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:スタジオディーン

・キャスト
散華礼弥:内田真礼
降谷千紘:木村良平
左王子蘭子:矢作紗友里
降谷萌路:井口裕香
降谷茹五郎:斎藤志郎
降谷呶恩:荻野晴郎
散華団一郎:石塚運昇
散華亞里亞:浅野まゆみ
モギ:林沙織
ヤスタカ:岩瀬周平
ばーぶ:福圓美里

OP:nano.RIPE「絵空事」



家に置いてやってくれないか?

脚本:高木登絵コンテ:畠山 守演出:西村博昭
作画監督:氏家嘉宏・門智 昭
正気を失い蘭子に襲いかかった礼弥は、そこへ飛び込んできた千紘の唇を奪ってしまった!! 夢にまで見た「ゾンビっ娘との萌えシチュエーション」がいきなり叶ってしまった千紘だったが、もちろん浮かれている場合ではない。なんとかして礼弥の意識を取り戻さなくては。蘭子に蘇世丸の開発者(らしい)茹五郎じーちゃんを連れてきてもらうが……。はたして千紘はゾンビを作り出してしまった責任をとって、礼弥を救うことができるのか!?

蘭子は無事。

バーブが礼弥を導き、ようやく

「あじさいが劣化を遅らせる」

ことに気がつきましたね。


でも、延命措置でしかない…

いつかは朽ち果てる。

千紘の、今後の行動に注目ですね。


日記やビデオは、ラジオでも話したのですが、

退場フラグでなければいいな、と…。

礼弥がいなくなった後で、千紘がそれを

見てる…なんて光景は、悲し過ぎますからね。

・スタッフ
原作:はっとりみつる(講談社「別冊少年マガジン」連載)
監督:畠山守
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:坂井久太
音響監督:中川達仁
音楽:橋本由香利
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:スタジオディーン

・キャスト
散華礼弥:内田真礼
降谷千紘:木村良平
左王子蘭子:矢作紗友里
降谷萌路:井口裕香
降谷茹五郎:斎藤志郎
降谷呶恩:荻野晴郎
散華団一郎:石塚運昇
散華亞里亞:浅野まゆみ
モギ:林沙織
ヤスタカ:岩瀬周平
ばーぶ:福圓美里

OP:nano.RIPE「絵空事」



普通って、何なんだろうな?

ゾンビになった礼弥の身に、いきなり降りかかってきた大問題! 死後硬直が始まってしまい、体がだんだんと動かなくなってきたのだ!!ろれつの回らない礼弥との会話=ゾンビっ娘との萌え会話に一瞬テンションが上がる千紘だったが、これは一刻を争う事態。
はたして、千紘は家族に礼弥の存在を隠し通したままで、礼弥の体を維持する方法を見つけられるのか? そして、何も知らずに千紘の部屋へと入っていった蘭子の運命やいかに!?

千紘が、「礼弥の肉体を維持する」方法を、延々と思考する。

そんな、お話。


正直、そんなにストーリーが進展しませんでしたね。

これまでで、1番「?」という感じの回。


まあ、終盤「蘭子が千紘の部屋で、礼弥を発見してしまう」

という展開はありましたけど…。


千紘が、次回以降どう釈明するのか?

ですね。

・スタッフ
原作:はっとりみつる(講談社「別冊少年マガジン」連載)
監督:畠山守
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:坂井久太
音響監督:中川達仁
音楽:橋本由香利
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:スタジオディーン

・キャスト
散華礼弥:内田真礼
降谷千紘:木村良平
左王子蘭子:矢作紗友里
降谷萌路:井口裕香
降谷茹五郎:斎藤志郎
降谷呶恩:荻野晴郎
散華団一郎:石塚運昇
散華亞里亞:浅野まゆみ
モギ:林沙織
ヤスタカ:岩瀬周平
ばーぶ:福圓美里

OP:nano.RIPE「絵空事」


なんで笑ってられるんだよ?

父との口論の末に、礼弥は崖から転落して、はかなくもその命を散らしてしまう。その礼弥が今、何故か千紘の部屋にいた!! こっそり持ち帰った蘇生薬を飲んでいたため、無事に(?)ゾンビとして蘇ったようなのだが……。いろいろ心配する千紘だが、当の礼弥は自分の傷口を自分で縫ったり、初めて男の子の部屋に入ったことで頬を赤らめたりと、死んだと思えないほど明るい表情。こうして始まった2人の秘密の同居生活、一体どうなる!?

ゾンビになった礼弥が、千紘の部屋に来た。

そんな、お話。

さて…礼弥のキャラは、以前と変化なし。

力が強くなったり、脈が無く身体が冷たいとか、

身体的には、いろいろあるようですが。


今後の問題は…

友人たちに、礼弥のことをどう説明するか?

また、礼弥の父親が千紘を追ってくるでしょう

から、その処理も大変。


後は…

礼弥の身体が腐らないよう、

維持方法を千紘が見つけることですね。

バーブが大丈夫なんだから、あの猫の

行動を注意深く観察していれば、その

ヒントはあるでしょうね。


・スタッフ
原作:はっとりみつる(講談社「別冊少年マガジン」連載)
監督:畠山守
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:坂井久太
音響監督:中川達仁
音楽:橋本由香利
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:スタジオディーン

・キャスト
散華礼弥:内田真礼
降谷千紘:木村良平
左王子蘭子:矢作紗友里
降谷萌路:井口裕香
降谷茹五郎:斎藤志郎
降谷呶恩:荻野晴郎
散華団一郎:石塚運昇
散華亞里亞:浅野まゆみ
モギ:林沙織
ヤスタカ:岩瀬周平
ばーぶ:福圓美里

OP:nano.RIPE「絵空事」


彼女が今何を思っているのか、これから何を望んでいたのか…

いろいろと聞いてあげればよかったのか?

後で思い返すと、この時が…彼女を救ってあげる、

最後のチャンスだったのかもしれない。

脚本:高木 登
絵コンテ:畠山 守
演出:久保太郎
作画監督:瀧原美樹・金 順淵

礼弥の無断外出に激怒した父・団一郎は、一切の外出を禁止してしまう。
その上、千紘を「去勢」するとまで言い出して……!? 慌てた礼弥は家を飛び出し、千紘を捜して街中を駆け回る。一方その頃、千紘の家である紫両寺でも騒ぎが起きていた。
なんと、正真正銘のばーぶが生き返って、元気な(?)姿を見せたのだ! これはつまり、千紘と礼弥の作った蘇生薬が成功していたということ?
喜ぶ千紘だが、ばーぶの様子がどこか変で……。

ついに、礼弥がゾンビに…

そんな、お話。


ラジオでも話しましたが、「皮肉」な話ですよね。

前回、薬を飲んでいたから、礼弥は「蘇った」。

父親に崖から落とされ、致命傷を受け「死んだ」はずだった。

でも、薬を飲んでいたから、1度「死んだ」けど、蘇った。

そして、それは彼女が生前「望んで」いたことだった。

狂信的な父親の異常愛から、自由を得るために…。


さて、気になるのは次回以降です。

ここまでは、非常に素晴らしいクオリティでした。

ラスボスのような父親に、囚われた姫と、それを救う主人公。

このバランスが、礼弥がゾンビになったことで、どう変化するのか?

「責任とってくださいね」は、どう実行されるのか?



・スタッフ
原作:はっとりみつる(講談社「別冊少年マガジン」連載)
監督:畠山守
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:坂井久太
音響監督:中川達仁
音楽:橋本由香利
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:スタジオディーン

・キャスト
散華礼弥:内田真礼
降谷千紘:木村良平
左王子蘭子:矢作紗友里
降谷萌路:井口裕香
降谷茹五郎:斎藤志郎
降谷呶恩:荻野晴郎
散華団一郎:石塚運昇
散華亞里亞:浅野まゆみ
モギ:林沙織
ヤスタカ:岩瀬周平
ばーぶ:福圓美里

OP:nano.RIPE「絵空事」


AYATO

Author:AYATO
最新アニメ番組の、感想記事が主体のブログです。
ネットラジオでも活動中。

毎週月曜日に
「AYATO☆STYLE」を放送中。
内容は、ゲストさんと雑談や、
アニメ語り、朗読や台詞読み、
ドラマやスポーツ実況等
をしています。

※次回の放送は11/18日(月曜)
週間アニメニュースの予定。

相応リンクをご希望の方は、コメントなどでご連絡下さい。

FC2 Blog Ranking
TVアニメ『シュタインズ・ゲート』


presented by 初音ミク オリジナル